定年退職後~60歳からの生き方は?


 お元気ですか!
一人暮らし・老人支援ブログ/先憂後楽
寺田 淳です

 

前々回の記事では50歳からの生き方を述べましたが
次に、60歳になったら どういう行動が必要かについて
簡単に述べてみたいと思います。

以前、日経新聞の朝刊に以下の記事が出ていました。

60歳以上の方へのインタビューで
あなたが60歳までにやっておけばよかったと思う事
はどんな事でした?という問いかけに対して、

・もっと貯金しておけばよかった

⇒たぶん、どの年代でも出てきそうですが…

・年金生活が出来るよう生活費を見直しておけばよかった

⇒こうも年金が減額になるとは・・・
自分たちの親の様な(優雅な)年金生活は、もはや望めない。

・個人年金に加入しておくべきだった

⇒支給開始年齢がここまで上がってくるとは・・・
現時点で65歳から。自分の代では何時からになるやら?

・老後の余暇活動用の資金を準備しておけばよかった

⇒悠々自適に暮らすにはそれなりの余剰資金が必要でした…

・退職後も働けるような「資格」を取得しておけばよかった

⇒若いうちは会社人生こそ全て、でしたから…
さらには資格を取れば働ける、訳でもないのですが…

・仕事以外の特技を持っておけばよかった

⇒仕事一筋、仕事が生きがいという方は耳が痛い?!
でも職務を遂行出来る事は、既に特技では?

・地域との交流の場に参加しておけばよかった

⇒自宅は寝るだけ、おまけに転勤族ならなおさら難しい?
これも上記と同じで仕事外の世界を持たなかった故です。

・子供とのコミュニケーションをもっと取っておくべきだった

⇒仕事は家族のため、親の背を見て子は育つと信じていました?

 今現在40代以上60歳未満の方、
すぐ、同じ問いかけを受ける時が来ますよ。
今の時点で、あなたはどういう回答が出来ますか?

次に、逆の面からの問いかけです。

 

 60歳までに、しておいてよかった事
は何でしたか?

・持ち家を確保、ローンも完済した

・個人年金に加入した

・年金生活用に生活の見直しを図れた

・夫婦関係を大切にしておいた

・共通の趣味を持つ友人を得た

あえてコメントはしません。
皆さんが自己判断して下さい。

次に、現在50代以下の方が思う
60歳までにしておきたいこと
については、どうでしょう?

・貯金

・持家獲得、退職までにローン完済

 

しておきたい事と、しておいてよかった事
どうでしょう?見事にマッチしてます。

まさに、備えあれば憂いなし

大別すれば、

財政面の安心(生活の安定)

社外の人脈構築(余暇、再就職両面での)

に尽きるのではないでしょうか?

いずれそのうち…
まだ自分には程遠い…

いいえ、違います!

今や、40歳から考える定年退職後の人生

これがギリギリセーフのタイムリミット
と言っていいのが現状なのです。

 

古人曰く
「備えあれば、憂いなし」

では、今日は このへんで。

 

この件について、
またはそれ以外の件でも
お気軽に、お尋ねください。

お問い合わせは、
以下のフォームからお願い致します。
http://hitori-happy.com/blog/contact

また、電話等での
お問い合わせも受け付けております。
TEL)03-5157-5027
FAX)03-5157-5012

カテゴリー: これからの人生, 先憂後楽, 第二の人生, 老後の生活, 高齢者の悩み, 50代の悩み   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

定年退職後~60歳からの生き方は? への3件のコメント

  1. 大沼 勤 より:

     今年の7月で定年退職し、引き続き激安継続雇用で働いています。65才まで働けば、経済的には何とかなりそうですが、リタイヤ後に何をするかがまだ決まっていません。

     65才以降、何をするかを真剣に考えています。幸い実家には農地がありますので、女房と二人で趣味の農業をしようかと話し合っています。

     又、会社以外の友人や知人を作り楽しく過ごしたいと思っていますので、市主催のボランテア活動にも参加したいと思っています。

    • hitori_happy より:

      大沼様

      貴重なコメントをありがとうございます。

      定年退職、お疲れ様でした。

       さて、65歳からの人生を決め兼ねているとの事ですが
      まずは健康が第一です、御身体の検査等は必ずされたほうがいいと思います。

       経済的に目安がついているとのこと、うらやましい限りですが
      そうなりますと、やはり生きがい、働き甲斐重視の人生設計が適当と思います。
       お仲間との交流や地域の一員としての活動にやりがいを見出せれば
      幸せな後半生を迎えられると私は思います。

       これからも一層のご活躍を祈念すると共に
      今後ともよろしくお願い致します。

      • 大沼 勤 より:

         早速の返信に感謝申し上げます。

         ストレスがなくなってきたせいか血圧も標準値に戻り絶好調です。当面、会社で面倒見てくれている年2回の定期健康診断で様子見しようと思います。アドバイスありがとうございました。

         65才以降の人生は読書と農業が主体となりますが、自分の殻に隠らず人との交流を大切にすごしたいとの考えです。

         女房の希望もあり、時々は国内外の旅行を楽しみたいとも思っています。

         ご助言ありがとうございました。
         

         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">