何が違う? 墓じまいと改葬 ~おひとり様のお墓事情


【今日のポイント】

 まだ早いと思っていた実家のお墓の取り扱いについて。
気付いたら両親も高齢、又は墓のある郷里から
親族が一人もいなくなっっていた。

このままお墓だけ残すことでいいのだろうか?

この季節はお盆で帰省した結果、問題に直面した
家庭からの問い合わせが急増します!

 

今回のテーマは、
お墓をこれからどうするかを考える時に
知っておいて損はない基礎知識です。

 

 

【墓じまいとは】

 お墓の取り扱いを調べると、
「墓じまい」「改葬」「永代供養」という
言葉がまず出てきます。

特に、墓じまい(墓終い)イコール改葬
といった説明がされているケースも見受けられます。

ですが、厳密には墓じまいとは、改葬手続きにおける
ひとつの手順、と理解して下さい。

具体的には「お墓=墓石を解体、撤去して墓地を更地化し
墓地管理者へ返却する事。」です。

さらに付け加えると、墓石撤去後に行われる
「閉眼供養=魂抜き」までの手順が「墓終い」です。

 

【改葬とは】

 墓終いの後に、新しいお墓に遺骨を埋葬する手続きを
「改葬」と理解して下さい。

代表的事例としては、お墓だけが遺された郷里から
自分たちが暮らす土地の近郊に新しいお墓を用意して
遺骨を移すことで、「お墓の引っ越し」という意味合いになります。

詳しい内容については、以前のブログを参考にして下さい。

改葬手続きと費用

 

【おひとり様のお墓は?】

 墓じまいをすれば、改葬の他、選択肢はないのでは?

墓地・埋葬等に関する法律(墓埋法)によれば、
一度埋葬した遺骨は、墓地や納骨堂といった遺骨の安置が
法的に認められた場所以外には改めて埋葬等が出来ないと
されています。

さて、改葬する大前提は
「次代・次次代にお墓参りしてくれる子孫」
がいることです。

子供や孫がいる家庭であれば、改葬する意義があります。

 

 ですが、おひとり様の場合は そうではありませんね。
特に一人っ子のおひとり様や兄弟等が非常に遠隔地に暮らす場合、
又は、何らかの理由で絶縁状態にあるものにとって
誰も足を運んでくれないお墓を用意する必要があるでしょうか?

 

【改葬以外の選択は?】

 自分を含めて先祖代々の遺骨を改葬以外で
葬ることは、出来るのでしょうか?

例えば、家族、親族はいなくとも親しい友人や知人が
時々は訪ねてくるかもしれない? そういう場合に
墓参りが出来るような手立てはないだろうか?

 この様な場合には、現在の墓地に「永代供養墓」
「合祀墓」が併設されていれば、事前にこちらへの
埋葬の可否の相談をすることです。

通常のお墓を持つ場合にも、祭祀承継が絶たれた場合等に
一定期間の後にお墓を撤去し、遺骨を永代供養に移す事は
一般的に行われています。

仮に改葬した後に、承継者がいなくなった場合等にも
事前に相談しておけば、移してもらえるケースもあります。

 

他にも選択肢はあります。

山や海への「散骨」
又は「樹木葬」という方式です。

 

 永代供養や合祀の場合であれば、少なくとも
故人と語り合う最低限の場所は残されていますが
散骨では全くそういった場は期待出来ませんし
樹木葬の場合も、多くの日本人の宗教観からは
故人の思い出を語る場とは言えないという方も
少なくありませんでした。

 あくまでも、当事者である故人の遺志であるならば
あれこれ詮索しても仕方ないことですが、
遺された側の心情は複雑なものがあるでしょう。


【新たな選択肢?】

 最近「共同墓」というものが話題になっています。
公営の施設は関東近郊だけでも
東京都(小平霊園)、横浜市(日の公園墓地)
さいたま市(思い出の里市営霊園)等にありますし、
最近は千葉県の市川市にもあるようです。

また、公営の共同墓の他にも市民団体やお寺が
運営するケースもあるようです。

 

 これも一種の「永代供養墓」で
おひとり様や一人暮らしの場合でも
後の心配がなくなりますし、
共同のスペースに安置され、
墓石も個別に用意しなくて済みますから
経済的な負担で悩むこともなくなります。

地域によっては「集合墓」「合葬墓」と
呼ばれているケースもあるようです。

 

 血縁での墓の継承が何より
という考えに固執しないのであれば、
年々増え続けるおひとり様の将来を考えたならば、
この共同墓という選択肢も「現状にマッチしたお墓」
と考える価値ありではないでしょうか?

カテゴリー: 改葬, 無縁社会, 生涯未婚, 終活, 高齢者の悩み   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">