おひとり様は特に備えましょう!「デジタル遺品」と「デジタル資産」の始末


【今日のポイント】

 今や70代でもインターネットやSNSは
当たり前の時代になりました。

いつの間にか、ネット上には
貴方の資産や個人情報が蓄積されます。

それらの情報は貴方一人で管理しているはずですが、
万が一の場合、どういう対処をするかを考えて
備えている方は決して多くはありません。

 

 今日は、家族持ちでも当然ですが、
特におひとり様は自己責任で備えるべき
「デジタル資産」「デジタル遺品」の
取り扱いについて紹介していきます。

 

【何が該当するでしょうか?】

身近なところから考えれば、
・プライベートで使っているパソコンやタブレット等の情報端末
・会社業務で使っている情報端末
・それらで使用しているメースアドレス、ID、アカウント等
・オンライン取引をしている金融商品
・定額の有料サービス(特に自動引落しの場合)
・自身で管理しているSNS、ブログ、ホームページ等
・各種クラウドツール

ここから対外的に繋がりのある資産として
まとめてみると、

1)金融資産

・ネット銀行の口座
・FX等の証拠金取引
・株等
・最近では仮想通貨も該当します。

 

2)定額有料サービス

・動画サイト見放題プラン
・オンラインゲームの参加権
・有料オンラインストレージ
・定期購読の電子書籍・新聞
・レンタルサーバー
・その他の有料サービス
・各種アプリ

 

3)通信契約

・スマホ、ガラケー、SIMカード等
・インターネット回線契約

 

4)SNS

・フェイスブック
・インスタグラム
・ツイッター など等

 

5)ブログやホームページ

・プロバイダーアカウント
・無料のブログサービス
・無料のホームページサービス

特にこれらの中には、自分の死後に
存在に気付いて処置してほしいものもあれば
他人には知られたくないサービス契約
~ブログ、画像データ、日記等もあります。

 

【何が遺品になるか?】

具体的にピックアップしてみましょう。

① SNSの場合
フェイスブック、LINE、インスタグラム、ツイッター等では
アカウント、ユーザーページ、コメント、メッセージが該当します。

② ブログの場合
アメブロ、ライブドアブログ、FC2等では
アカウント、ブログページ、日記、コメント、メッセージ
アフィリエイト等が該当します。

③ ホームページの場合
アカウント、ホームページ、コメント、掲示板、
アフィリエイト等が該当します。

④ 総合アカウントの場合
Googleアカウント
Apple ID
Microsoftアカウント等で
アカウント、メールアドレス、コメント、メッセージ
等が該当します。

⑤ その他
iCloud
ドロップボックス
より生活に密着したサービス等

 

ここからは特に各種契約による支払関係の問題が
生じる可能性が高いものです。

 

⑥ 各種ショピングモールとの契約
アマゾン、楽天、等
アカウント、ユーザーページ、購入履歴、メッセージ等が
該当します。

⑦ 電子書籍、新聞電子版、メルマガ、動画配信サービス契約等
アカウント、購入履歴、定期購読契約が該当します。
具体例としてはアマゾン、DMM.com、日経電子版等です。

⑧ ネット銀行・ネット証券等の取引契約
アカウント、ユーザーページ、預金残高、取引履歴等です。
具体的にはジャパンネット銀行、ソニー銀行、
または松井証券、マネックス証券等との取引がある場合です。

⑨ ゲーム関連契約
これもアカウント、ゲームデータ、購入履歴、コメント、メッセージが
該当します。
パズドラ、ポケモンGO等です。

 

 以上の項目は、原則契約者の生死に関してはノータッチです。
例えば、支払いを自動引落しにしている場合は、口座に残高が
ある限り、延々と引落しが継続してしまいます!

 

【そもそも自分で把握出来てますか?】

 さて、ここまで紹介してきた内容ですが
貴方はどこまで把握出来ているでしょう?

管理すべき情報端末は
何が(パソコン、スマホ。ガラケー。タブレット端末、SIMカード等)
どこに(自宅・職場・その他の保管場所)
何台あるか把握してますか?

関連するアイテムとして、
USBメモリー
外付けHDD
マイクロSDカード
デジカメ等も要管理アイテムです。

さらに、より遺族にとっては重要なものとして、

・オンライン資産情報
・ネット銀行の口座情報
・証券会社との取引(株・投信・FX等)情報

が挙げられます。

忘れがちですが、

・パソコン他の取説・保証書等
・通信・回線契約関連書類
・金融機関からの郵便物

等の主に「紙媒体」で保管される証書類があります。

 

【費用が発生するものは何がありますか?】

先に紹介したものと一部重複しますが、
これらの多くは自動引落で契約していますね。

・インターネット、携帯電話などの通信契約
・定額有料サービス各種
・見放題の動画配信サービス
・オンラインゲーム参加権
・定期購読の電子書籍や新聞電子版
・レンタルサーバー
・ホームページやブログの管理費

 

 引落でも振込でも残高不足や期限内振込がされない場合は
故意でなくても場合によっては延滞料等が発生する可能性もあります。

金銭面のリスク管理で言えば、最も十分な備えを
考えるべき内容になります。

 

【情報を誰にどう伝える?】

 デジタルに限られたものではありませんが、
以下の項目はデジタル化が可能ですから
ネット上やUSBメモリー等で保管している場合は
これもデジタル遺品の一部と言えます。

・遺言データ(但し法的効力はありません)
・財産目録、エンディングノート、相続人情報等
・重要書類等の保管場所データ

 

ここまで紹介してきた情報を一元化していたとしても、
他の家族がその存在を知らなければ、
知らせてはいてもロック解除方法を伝えていなければ
せっかくのデータも「死蔵」されたままです。

 とはいうものの、家族がいる場合には、
何時になったら
誰にその事実を伝えるかに悩みますし、
おひとり様の場合は、どうやって存在に気付いてもらうか
に苦労します。

それぞれにそれぞれの悩みがつきものではありますが、
まずは自分にまつわる情報全般の把握と整理、保存管理を
徹底しておくことが先決です。

 

【デジタル資産放置のリスク】

 おカネがらみの話で恐縮ですが、
第一に考えるべきはやはり金銭リスクでしょう。

 ネット銀行と取引している場合では、
知らせていなければそのまま放置されるだけですが
(それも遺族からすれば大きな問題ですが)
ネット証券で取引をしている場合、
金融派生商品の取引をしていれば
一気に負債が発生というリスクにも繋がります。

 

 ポイントや電子マネーの場合でも注意が必要です。
場合によっては積もり積もって数十万円単位の
「貯金」になっているケースがあります。

誰にも知られることなく埋もれたままになるか、
あるいは有効期限切れで全額消失になるか?

換算額によっては遺産分割協議をやり直す事にも
なり兼ねません。

 より注意が必要なのは、アフィリエイトでしょう。

契約者が死亡後も、理由はともかくとして、
(故意に連絡しなかった、契約を知らなかった等)
結果的に死亡後に発生した報酬を遺族が受け取った場合、
契約者死後の報酬受け取りと見做され、
契約違反と糾弾されるリスクも出てくるのです!

 

【オンラインサービスのリスク】

 銀行や証券会社に比べれば少額になりますが、
ここでも使用料未払が続きますと、滞納分として
別途加算された請求を起こされるリスクはあります。

定額制のコンテンツ等を付加していれば
その部分の未払い請求も加わるでしょう。
購入済みのコンテンツがあれば一度も
使われることなく認識されることなく
放置状態になるケースもあります。

 

 またブログやホームページの場合、
よく問題になっていますがサイトが晒されたり
荒らされるという事態や、なりすまし、
アカウントの乗っ取りといったリスクも
発生するのです。

 実際、既に故人となられた方のホームページが
未だに閲覧できる状態だったり、Facebookでは
既に3回忌を終えた方宛に誕生日メッセージを送りましょう
という案内が送信されてきます。

故人を知る側としては、なんとも言えない気分ではあります。

 

【終わりに】

 デジタル遺品、デジタル資産は意外に多く存在する。
貴方は自己診断でどのくらいありましたか?

どう整理するかは個人の自由ですが、
50代になったら早急に取り組むべきですし、
おひとり様であればなおさら優先順位をつけて
粛々と進めて下さい。

 

 終活の一環としてエンディングノート等を用いて
自分情報を記録、管理することが浸透しています。

その中で一番全体像の把握に苦労しているのが
将来デジタル遺品、資産になり得る項目なのです。

本人ですら詳細の把握に苦労するのですから
家族や第三者にとっては並大抵のことではありません。

エンディングノートの作成時の注意でも書きましたが、
一気に調べようとすれば、挫折は必至です。

今週は、今月はネットバンキング関連の情報だけ、
といったようにテーマを決めて、着実に完成を目指しましょう。

カテゴリー: シングルライフ, ブログ, 先憂後楽, 独り身, 遺言と相続 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

おひとり様が迎える孤独死を考える


【今日のポイント】

 おひとり様=孤独死 というイメージは
本当に正しいのでしょうか?

おひとり様の定義はひとつではありませんし
おひとり様でなくても孤独死になるケースもあります。

今日は私個人の少々偏った考えかもしれませんが、
おひとり様が向き合う孤独死について
紹介したいと思います。

 

 

【おひとり様とは】

 おひとり様と一言で言っても
親兄弟もなく、妻子もいない
文字通りの天涯孤独な場合と

親兄弟はいるものの、
非婚、未婚を通してきたため、
一人暮らしをしているおひとり様や

結婚はしたものの、死別・離別の結果
現在はおひとり様になっている場合等

おひとり様の立ち位置には相違があります。

 

【おひとり様が迎える死】

 自分の死亡時に身内が誰もいない場合。

ある意味暴論ですが、
身内がいないのですから
悲しませることもない。

身内がいないのですから
相続争いで周囲に迷惑をかけることもない。
ただ、周囲の方々には家財の始末等で
迷惑をかけるリスクはあります。

子や孫がいないから
彼らの将来に思い悩むこと必要がない。

自分に繋がる人物がいないのだから
自分の死後の評価で迷惑を波及させることもない。

家族・親族に慮って
意にそわない治療や、生き方を強いられることが無い。

尊厳死、延命治療の選択も
全て自分自身で決められる。

 

 おひとり様の迎える「死」は
良し悪しは別にして
当事者である本人にとっては
柵の少ない身軽な「旅立ち」ともいえるのです。


【孤独死とは?】

 おひとり様=孤独な死
とは言えません。

天涯孤独な身の上であっても
介護や療養施設に入所していれば
孤独ではないのですから、孤独死とは言えません。

 

 逆に身内がいる、家庭がある場合でも
単身赴任先で、出張中のホテルで
海外旅行中の事故や事件に巻き込まれての死は
その瞬間は一人で、家族に看取られる訳でないので
結果的には孤独死となります。

なかには、自らの意思で親族と絶縁し
一人暮らしを選んだケースもあり
この場合も孤独死の部類に入るでしょう。

 

 ですが単純に考えれば、
みんなで一緒に、同時に死を迎える事など
殆どあり得ない事です(飛行機事故や天災等のレアケースは別)
却ってその方が悲惨極まりないことです。

死ぬときは、ひとり 死は、孤独なもの 

が正しい捉え方ではないでしょうか?

 

【避けるべきは孤立・放置死】

 周囲と孤絶したおひとり様が自宅で
死後数か月後にようやく発見された…
等のニュースは今も耐えません。

真に避けるべきは 
おひとり様に限らず、
孤立・放置された死、です。

社会との接点が無くなることが
孤立の最大要因であることは
言うまでもないことです。

その観点からみた場合、
高齢になったおひとり様ほど
都心回帰を図るべきと考えます。

 

 単純に社会との接点の機会が多いことが
その理由で、趣味や娯楽の機会に接する機会は
多岐にわたります。

関心が湧けば、その場に出かけることにもなり
そこで同好の士と遭遇する機会も生じます。

趣味や娯楽でなくとも
繁華街には様々な外食店が軒を連ねています。

人間、日に三回は食事をするのですから
最低でも週に一回は外食するでしょう。

行きつけの店を持ったり、常連客との
出会いから「飲み仲間・食い仲間」
に発展することもあります。

 

 また、今の60代から70代の世代は既に
大なり小なり、公私の場面でパソコンに
接したことがある方が意外に多いのです。

パソコン、携帯電話、メールについては
積極的に利用する事です。

 

 いやな例えになりますが、
一人暮らしの自宅内でアクシデントに襲われ
歩くことが出来なくなった、
声が出なくなった場合、外部との連絡手段として
これらを所有、習得していることで
大事に至らなくすることが出来るのです。

固定電話だけでは、設置場所までたどり着けない。
仮に電話に出られても、声が出せない。

 

これでは意味がありません。

 携帯であれば身に付けて移動が可能です。
メールが出来れば文字情報で外部に連絡が出来ます。
聴覚と発声に支障が出た場合でもメールは連絡手段として
有効活用が出来るのです。

 おひとり様で暮らすのであれば
年齢に関係なく、メール操作は習得しておくべきです。

 

 他にも個人の嗜好がありますが
食事の宅配サービスを提供するコンビニが
近所にあるのでしたら、利用することも
外部との接点を確保することになります。

毎日の注文が突然途絶えた。
店にも出向かなくなった。

この様な状況が続いた時に
安否確認に出向いてくれるのです。

昔懐かしい「御用聞き」の新バージョン
とでも言えばいいのかもしれません。

最近では見守りを兼ねての宅配サービスを
推奨する自治体もあるようです。

ネットニュースや新聞の電子版も結構ですが
これも紙の新聞の配達で安否確認の一助になるのです。

 

 人間関係が煩わしいとの理由で
おひとり様生活に入るケースも少なくはないと聞きますが、
孤独と孤立は似て非なるものです。

孤立を防ぐには、アナログな接点を持つ他ありません。

 

【おひとり様は都心回帰を】

 今までは、定年後は田舎に引っ込んで
晴耕雨読の生活を楽しむ。

都会の喧騒から自然に囲まれた中で
ひとり暮らしを楽しみたい…

この為には「衣食住が足りてこそ」が前提です。
年齢によっては「衣」は「医」に置き換わります。

残念ながら郊外にけば行くほど
今の時代、社会インフラの充実は見込めません。

外食先も、趣味の場も、医療施設も
縮小・撤退が進んでいるのが現状です。

 

 おひとり様に適したサイズの住宅も
郊外では期待出来ません。

せいぜいワンルームマンションで済む生活サイズ
であったとしても、そのような物件が郊外には
逆に必要性がないのです。

多くの場合、庭付き一戸建て、または家族向けマンション
で都会に暮らす住民を誘致してきたのですから。

 

 例外的に、大学や研究機関が移転してきた立地では
単身赴任者向け、学生向けの物件が用意されていますが
これも最近のキャンパスの都心回帰の流れの前に
いつまでその物件が維持されるかが不安視されています。

都心であれば、分相応な広さの物件を探すのに
苦労はしません、求める条件は人それぞれでしょうが
(駅近・商店街至近・病院至近等々)
郊外に比べればその差は歴然です。

 

 さらに郊外、田舎暮らしにはクルマは必須アイテムです。
今はいいでしょうけど、後何年問題なく運転が出来るか
考えたことがありますか?

最近話題の高齢化に伴う認知症絡み、
加齢に伴う反射神経の劣化リスク以外でも
年齢に関係なく視力や手足の疾病や
事故からの不調は唐突に発症します。

そうなったときに、商業施設までどうやって?
かかりつけの医療施設までどうやって?
移動するのですか?

 

 過疎化が進んでいれば公共交通網も縮小されて
バスは日に数本、それも意に沿わない時間しか
運航していない等となれば…

この点でも都心の交通インフラはクルマ依存が
不要なほどの充実・整備がされています。

 

如何でしょうか? 孤独と孤立の違い。

 

 孤独でも 無縁社会 ではなく 有縁社会で生きるならば
それは、ある意味満足のいく「おひとり様の孤独生活」となり
その中で迎える死は「孤独であっても、孤立ではない」
と言えるのではないでしょうか?

カテゴリー: シングルライフ, 一人住まい, 孤独死, 孤立死, 独り身 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

もしもの時、おひとり様の面倒は誰が看る?


【今日のポイント】

 独身貴族とやっかみ半分な視線を浴びつつも
全ての時間を自由に使えることを謳歌してきた貴方も
50代から60代に差し掛かると先行きの不安に直面します。

貴方には、万が一の時に面倒を見てくれる
誰かが、いますか?

 

 終活の中でも困難が伴う問題の一つである
「もしもの時におひとり様は誰が面倒を看るのか?」
について紹介していきます。

 

 

【増え続けるおひとり様】

 2015年時点の調査に拠りますと
50代の男性のおひとり様世帯は約141万人
女性のそれと比べて約1,7倍も多いとのことでした。

このおひとり様の増加の中でも
「非婚のおひとり様の増加」
増加要因の主な原因の一つとなっていました。

 

 昔に比べ、肉体的にも精神的にも
今の50代、60代が若々しいのは間違いありません。
私の周囲にも還暦を超えても颯爽と活躍している
方は枚挙に暇がありません。

持病を抱えているケースもありますが、
概ね日常生活に支障をきたす程ではなく
せいぜい「一病息災」で過ごしています。

 

 仕事ではまだまだ現役で活躍してますし、
特に自営業の場合は永久に現役と言えます。
定年に脅かされることもなく生活の保障が得られ、
収入に関しても家族がいない分、自分への投資や
趣味につぎ込むもとも思うがままです。

 悠々自適な生活が保障された独身貴族となれば、
今更結婚や家庭を持ちたいという欲求が強まることは
ほぼ期待出来ないのも無理からぬことです。

 

 

【実は脆弱な生活基盤?】

 ですが、これらの生活の大前提は
「心身ともに健康」であることです。

当然ですが、事故や病気は予測出来ません。
いつ長期入院や、介護を必要とする生活になるかは、
殆どの場合運任せと言っていいでしょう。

では実際に、ある日突然貴方が介護が必要な状態になった場合、
具体的に介護を託せる人物、または施設等がすぐに思い浮かびますか?

 

 50代なら、親世代は70代から80代でしょう。
貴方がおひとり様であるならば、
真っ先に、あるいは唯一思い当たるのは、
老親に介護してもらうという選択でしょうか?

確かに、老親が健康であれば、
短期間はこれも可能でしょうが
あくまでも緊急避難、暫定措置の域は出ません。

 

 余談になりますが、貴方に問題が生じなくても
老親に何かが生じた場合も別の意味で大きな問題となります。
特に一人っ子のおひとり様であれば
自分が介護責任を負う以外に途はありません。

生活に余裕があれば、相応な施設への入所で対応が可能ですが
そうでもなければ、自分で直接介護に携わらなくてはいけません、

そうなれば、仮に会社勤め場合では、
退職も視野に入れた選択を迫られることもあり得ます。

自営業であっても、大半の仕事はこれまで通りに行うことは
現実的には難しいでしょう。

おひとり様の貴方に代わって親の面倒を看てくれるような
存在は、今現在確保しているでしょうか?

 

 このように日常生活の基盤に狂いを生じた場合には
あっという間に悠々自適な生活は消滅するのです。

 

 

【問題を深刻化させる要因とは?】

 さらに厄介な問題が続きます。

自分自身に、何か問題が生じた場合、
特に会社勤めを終えて独立や開業を果たした
第二の社会人生活を踏み出した直後等では、
新たな人間関係がまだ構築出来ていない為、
悩みを相談する機会に欠ける場合が多いようです。

 会社員時代であっても、話し相手は社内の関係者や
取引先の担当者だけといった場合、
話す内容は仕事上の話題が大半で
会社や仕事の話題以外で会話を続けられるケースは
意外に低いようです。

特に「男は仕事が一番」的な姿勢を貫いてきた場合等は
何気ない会話を振るとか、気軽に相談するという行動が
大の苦手、という事例が少なくありません。

それでも営業職に就いていた場合は、
会話のきっかけ作りに長けている場合が多いのですが
この場合も会社の看板頼りの会話だけで生きてきた場合は、
話題探しに苦戦は必至です。

 

 もう一つ、まだまだ50代男性の持つ
世間体やプライドは頂点に近いものがあります。

「こんな相談することは、管理職まで勤めた自分にとって恥だ。」
「まだまだ自分は健康、壮健そのもの、今考える必要なし。」

一見、意気軒昂とも捉えられますが、
問題から目を背けているだけとも
言えるのではないでしょうか?

 

 ですが、先にも書いたように
自分に、老親に、ある日突然、前触れもなく
思いがけない事態が出来するのです。

 

 50代60代のおひとり様の貴方に、
ここまで書いてきたようなケースに
思い当たる節があるならば、
そろそろ何かあった時の為に、
どんなことを、誰に(どこに)相談、
あるいは依頼するかを考えなくてはいけません。

 

 

【選択肢は幅広く】

 身内や親族に頼ることが出来ないおひとり様の場合、
残る選択肢としては、気の置けない友人知人に託す。
社外のサークルやボランティア活動を通じて
連絡先を交換出来るような人脈を構築する等、
積極的に社会と接点を持つ為の行動が欠かせません。

 

 最近、単身者(おひとり様)向けのサービスを謳う
団体が話題になっています。

 日経新聞朝刊で紹介されていたので
ご存知の方も多いかと思いますが、
「単身けん」という会員制の組織がありました。

これによりますと、定例会や各種のお役立ち情報の提供、
万が一の為の「緊急連絡先お預かりサービス」といった
単身者に特化したサービスを提供しています。

以下にリンクを貼りましたので
興味ある方はHPを参照して下さい。

単身けん

 

 独りで思い悩むことも
まだ自分には無関係と先送りにすることも
問題の解決にはなりません。

社会との接点を積極的に持つことで
ここに揚げたようなリスクを少しでも軽減する事。

これもおひとり様の終活 と言っていいのではないでしょうか?

カテゴリー: 50代の悩み, シングルライフ, 予防法務, 先憂後楽, 無縁社会, 独り身, 生涯未婚 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ