50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • 固定ページ
  • 55才

タグ : 55才

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

何故その仕事をしたいのか? ~自己分析の大切さ

第二の人生を託す仕事の選択に何が必要なのか?再就職、転職、起業・開業それぞれに共通する正しい自己分析の大切さについて、その選択の根拠から動機、その為の準備などについてまとめてみました。いつかの為に今からすべき準備です。

定年後も働く ~どうやって?

60才、65才で定年後の生活をどうやって支えるのか? 年金支給開始までの生活費は? 年金だけで生活が出来るのか?定年後も働くならば、再就職か起業独立なのか? 50才になったら定年後のプランを考えなくては間に合いません!

老後の貧困

高齢世代になっての貧困問題は子どもの生活も一変させる問題です。とともに、安易な生活設計に甘んじて定年を迎えた子供世代になけなしの年金を渡し、貧困に陥る親世代も。 定年前の貴方は、これからの生活設計、どこまで考えていますか?

今改めて「50才からの第二の人生」を考える :前編

50才から考える第二の人生、平均して30年以上ある後半生をいかに生きていくのか? 仕事は何をしたいのか?その理由は?月収はいくら欲しいのか?その理由は? 資格起業したいなら、何が絶対に必要な事なのか? いろいろな事について、紹介しています。

起業・創業支援制度

貴方が起業・開業を目指すなら公的な起業・創業支援制度は必須のものです。 国の行う支援制度の中からシニア向けのものを中心に紹介しました。 他にも自治体単位での支援サービスが用意されているので、まずは自分の考えを聴いてもらう事、ここから起業のスタートを切る事で、失敗のリスクを軽減できるのです。

50代の意識調査を見て 

50代の仕事に関する意識調査と言う記事を見て、感じたことをまとめました。 50代になって増加傾向にある転職希望者にとって、客観的な仕事の捉え方や自身の社内での立ち位置などを客観的に見つめ直す必要が高まってきたのです。

体験から語る起業・独立のポイントとは?  その2

起業や独立に欠かせない立ち上げ資金について、公的機関や民間での支援策の主だったものを紹介しました。他には最も重要な起業するための準備について、何時から、何を始めるべきか 会社を離れてからの人間関係の再構築等、最低限意識すべきポイントを紹介しています。

40代になったら真剣に考えるべき事とは? ~バブル世代が迎える試練の時!

40代の貴方には今の50代の先輩、上司はどう映っていますか?将来の貴方はどうなっているでしょうか?その選択は全てこれからの10年で決められ、その後の10年、20年後までの生活にも大きな影響を及ぼします。 今や第二の人生は40代から考えるべき課題になってきたのです。

景気回復の基調の中で ~シニア世代の存在感

確実に景気回復に向かう日本経済、ベアの復活や消費額のアップ等、 でもやはり暫くはシニア世代の購買力が大きな存在なのです!

1 2 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP