50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 50歳

マイホームが抱える問題 (親の立場から)

30代でマイホームを手に入れた世代も60歳、イエも同じように老化しています。築30年を前に早くもリフォーム発生というケースも珍しくありません。 リフォームの内容と規模によっては意外な高額になる費用や実施時期、その規模など事前によく検討しておきませんとなかなか実施に至りません。 さらに、本当に実施することが最適なのかどうかも、事前によく検討すべき問題なのです。

おひとり様はどう自分の死と向かい合うべきか?

今や人生80年、90年時代、その中で高齢化社会に伴う様々な課題が出てきていますが、中でもおひとり様の高齢者の増加は新たな問題を出現させています。 周囲に迷惑をかけたくない、その一点に絞っていけばおひとり様が向かい合うべきものが見えてきます。

おひとり様におススメ 遺贈寄付とは?

おひとり様が亡くなったらその財産は最終的にどうなるの? 最後の最後は国のものになる それで構わないならいいですが、そうではない場合、どういった始末方法があるでしょうか?

50歳からの出直し大作戦

講談社+α新書の新刊で私の起業までの経験が記事として掲載されました。在職中に起業を目指した訳や、その為の準備について、著者との対談の中からまとめた内容です。

50代の起業前活動の大切さ_その2_

起業を前に準備すべき事の第二弾では、誰に、何を、どのように、提供する事で相談者からの信頼と安心感を得る事になるかについて紹介しています。

どんな職種で起業するにしても共通する大切な事とは?!

士業、サービス、飲食、小売り、どんな業種であっても共通する起業に欠かせないこととは? 起業後の成長にも大きくかかわってくる重要ポイントでもあります。

面談して判ること

職務上いろいろ面談をしているとこれはと思う体験をします。 時間を守らない方、自画自賛過剰な方、考えが固まっていない方、考えていない方など等、一度は自分自身の棚卸と現状の直視をしてから、改めて第二の人生を検討するようにしたいものです。

40代以下が、今考える危機とは?

今や40代から考えるライフプラン。 少子高齢化がこのまま進むと、今の40歳以下は現状では不景気の中で暮らし、老後は年金、医療費といった社会保障も期待出来なくなります!

50代 オトコおひとり様の居場所

50代でおひとり様の男性にどういう居場所が必要なのか? 世間の目や、時間の自己管理、弱みを出せう息抜きの場所など等、おひとり様に特に求められる項目を紹介しています。 仕事探しにはハンデになる50代のおひとり様への心構えとしてもまとめています。

50才からの生き方を考える: 起業・独立のまとめ

50才からの第二の人生、仕事編も今回で最終回です。 ここでは、私の起業を事例として、好きな事、出来る事、そしてやりたい事に至るまでを紹介しました。

1 2 3 6 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP