50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 50代

シニアの求人

50代のシニア世代が第二の仕事を探すときに勤務形態の選択があやふやなケースが少なくありません。 正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、状況に応じて柔軟に勤務体系を考慮することはますます激化する再就職市場において必要な備えともなるのです。絶対正社員という固定概念を今一度見直してみるのもいいかもしれません。

コロナ禍で大きく変わる第二の仕事探しとは?

【今日のポイント】  コロナ禍が拡大を続け、終息の見通しが全く立たない中、 50代に加えて40代の会社員からの将来に関しての相談が絶えません。  その中で「未曽有の経験」の為か、 これといった青写真を持たないまま現状を嘆 …

気になる相談者に共通する特徴とは?

最近50才前後の相談者の特徴として、ある共通するものに気付きました。残念ながら多くはネガティブな特徴であり、本人が自覚していないものでした。自己分析と会社の評価の大きな違いに全て他責と決めつけ、それを認めて欲しいという相談なのか愚痴なのか判然としない相談内容では現状を変えることには繋がりません。

新卒の就職活動とシニアの再就職活動

シニアの再就職と新卒者の就職とはどこが共通してどこが違うのでしょうか? シニアの場合、求められるものは即戦力、そして新組織への順応性、求めるものは? 肩書や待遇に固執するだけではいい結果は望めません。 第二の仕事に求めるものを、退職前に検討しておくことで最適な選択の道が開けるのではないでしょうか?

明暗分かれるシニアの転職事情 ~50代の直面する壁とは?

今の50代は最後の年功序列、終身雇用の恩恵を受けられた最後の世代ですが、ここにきて今までなかったような変革の波の直撃を受ける世代になりました。 家庭や自分に関する問題、仕事に関する悩みについて早くから真剣に向き合い、考え、相談することを躊躇しない事、早ければ早いほど壁は小さく,低いものなのです。

早まっていく就職&再就職戦線

学生の就職活動は依然と比べ年以上も前倒しでスタートしており、事前準備の有無が就職内定の成否を握っていると言えます、これはシニア世代の会社訪問=再就職時にも全く共通する傾向で、定年後からの活動とまだ現役の50代以前から備えた場合との格差は歴然としています。

相続基礎知識 シニア世代の実態は?

相続適齢期に入った50代以上の世帯主から相続の相談を受けた際に、意外なほど初歩的、基礎的知識に乏しいかを実感しました。 今まで仕事優先でこの手の問題を避けてきた感もありますが、勘違いや思い込みであやうく過剰な申告と納付をする羽目になったケースや、間違った書式の遺言書で良しとしていたケースなど、不勉強では済まないトラブルの火種になりかねないのです! ここでは実際に経験した驚きの実態を紹介すると共に、今後の対応について紹介しています。

高齢の親とシニア世代の子供(の貴方) 会話してますか?

80代の親と50代の子、大人同士の関係になったからこそ、お互いの家庭の状態や問題点などを共有しているかどうかが問われてきます。親としてシニアの子のどういう情報を把握しておくべきか、子として高齢化した親のどういった情報を知っておくべきか? お互いが躊躇していては後々に悔いを残すこと必至の問題になりかねません。

転職・再就職で必要な下地

転職や再就職の相談の中で応募条件に目を向ける前に予め自分で用意すべき下地について、具体的な項目を、実際の経験からまとめてみました。自分で行う実績への問診など、在職中の方でも自分を分析する時に必要になる内容となっています。

これだけはしておきたい!? 60代ですべきこと

60歳、60代になったら何をすべきか、60代のうちにしておくべきこととは何か? サラリーマンの定年退職の前後の時期にはいろいろ選択を迫られることが続きます。その場凌ぎではなく、長期の視点に立った今後の生活設計を考える為に必要な事についてかんたんにまとめてみました。加えて50歳から始めるべき第二の人生に向けての行動についても言及しています。

1 2 3 14 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP