50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 50代

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

50代 オトコおひとり様の居場所

50代でおひとり様の男性にどういう居場所が必要なのか? 世間の目や、時間の自己管理、弱みを出せう息抜きの場所など等、おひとり様に特に求められる項目を紹介しています。 仕事探しにはハンデになる50代のおひとり様への心構えとしてもまとめています。

40歳からの・・・

40歳は第二の成人式。社会に出て20年、定年までも20年。 一人前の社会人になったと同時に、60歳定年までの既に折り返しなのです。これまでの10年とこれkらの10年、さらにその先を考えるタイムリミットは、50歳なのです!

転職 再就職 ~その現代事情とは?

定年から20年でいくらの預貯金が必要なのか?年金を別にして再就職を考える場合の冷厳な現状を報告します。 自分の価値の正しい認識と、仕事にいかに価値を見出すか? 中高年の置かれた現状を報告します。

中高年仕事問題~高齢化社会の現状に加えて

現在は厳しい経済環境にあります。 フリーター層は40代にまで及び始め、また70代でも生活のためには働く事を余儀なくされています。 この環境下での再就職や起業・独立を考えることの重さを考えましょう。

定年退職後~60歳からの生き方は?

今60歳以上の方の思う、しておけばよかったこと、しておいてよかったこと、そして、50代の方の思うしておきたいこと、 考えているだけでは、時はどんどん過ぎていきます。 体験者の感想に耳を傾けて下さい!

50歳からの ~どう生きる?

50歳を迎えたら、これからの30年間にすべきことをリストアップして、スケジュールをたてましょう。自分のこと、両親の事、やるべきことは多いですよ。

孤独死 ~その対策として

遺言書があれば備えは万全?ではありません。遺言は葬儀が終わってからが出番です、では葬儀までの手続きや故人の意向はどうやって周囲に伝えていくのか?それが事後事務契約です。その効力、意味合いについて述べています。

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP