50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 預金

おひとり様は特に備えましょう!「デジタル遺品」と「デジタル資産」の始末

今や70代でもインターネットを使いこなす時代、気が付かないうちにネット上にいろいろな貴方の情報が、存在しています。 貴方の死後に発生する「デジタル遺品」「デジタル資産」とはいったいどういうものか? 放置したらどうなるのかを紹介し、事前の情報の管理と保管の大切さを紹介しています。

相続財産の構成に変化が!?

最近の傾向として相続財産に占める現預金の構成比は急伸中だそうです。これまで相続財産と言えば土地だった時代から何か変わったのか? その背景について紹介していきます。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

マイナンバーの導入で相続税の申告漏れは根絶?

これまで相続税の申告では多くの申告漏れが指摘されていましたが、マイナンバーの導入により、各種の情報が一元管理されることで「正確な税の徴収」が可能になるのです。 将来預貯金の口座へ紐付けされれば入出金の移動はガラス張りになり、生前贈与の動きも把握されます! 下手な節税対策は却って税務署から目を付けられるだけですね。

ネット上の終活とは? 

ネット上の終活とは? 貴方が日頃利用しているSNSに残るいろいろな記録や足跡。 貴方の死後の取り扱いを今から考えておきましょう。 また突然の別れとなった遺族はどうやってネット上の故人の足跡をたどるのか? 双方の視点から紹介しました。

老後の生活困窮問題とは ~50歳から考える事

定年後もローン返済を強いられる。 再就職が出来ないままに退職金が尽きる。 思ってもいなかった会社の倒産などで高齢になってからの生活苦に陥るケースは少なくありません。特に住宅ローンを抱えいると生活保護も適用されません。 今から考えるべき老後破産を防ぐ備えとは?

いわゆる「終活」について

人生最後の仕事になる「終活」も家族ありの場合とおひとり様の場合では微妙に違いが出てきます。 後を託す人がいないおひとり様が考えておくべき終活の最低限の課題について紹介しました。

葬儀の費用 ~東京ではいくらかかる?

なかなか聞けない葬儀費用の相場とは? いざと云う時に葬儀社などのいうがままで良いのですか? 予想以上に高い葬儀全般の出費の備えを貴方はしていますか? そういう事を、話し合うのは何時なのでしょう?

相続対策 ~生前贈与の注意点

相続税対策として生前贈与が注目されてます。ですが使い方を注意しませんと思わぬアクシデントを招きます。 今回は注意すべき代表的な事例を紹介しました。

相続税計算 ~お問い合わせへの回答として

今回はお問い合わせの中からピックアップした内容を紹介します。相続税の算出方法、実際に計算出来ますか? 代表的な事例を基にして解説します。

1 2 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP