50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 障害

【特別寄稿】定年世代クライシス?

最近気になる相談者が続いており、定年前に早期退職し新たな仕事で一定の経験を積み重ねた中での相談ながら、具体的な中身が見えてこないというケース、どうもあの時の決断、選択はベストだったのかを安定した環境にいるがために考え始めた結果の様です。 これから定年退職によって第二の人生を迎える方には時間的余裕が限られています、このような悩みを避けるための警鐘として紹介しました。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

50代なら知っておくべき「障害年金」とは?

意外に知られていない障害年金の実態について、その種類や適用に関しての条件などをまとめてみました。 心身共に「ガタ」が出始める50代にとっては知っておくべき制度なのです。

起業・独立に際して

起業・独立の場合に、詰めておく事を具体的に紹介しました。 自分目線と顧客目線を取り違えない事、告知と認知により有効な方法とは?など等、まとめの段階に入る前の最低限の注意点を挙げておきます。

年金制度 ~50才迄に決めることとは?

年金の支給開始をいつからにするか? 繰上げ、繰下げの場合のメリット、デメリットを紹介すると共に 定年後に再就職するのか、リタイアするのかによっても支給時期を考える必要があります。それを決めるのは50才なのです。

相続税計算 ~加算と控除とは?

相続税の計算はいろいろ複雑な仕組みになっています。 加算する項目もあれば控除する項目もあるのです。 考え方だけでも、よく把握しておきましょう。

中高年の転職 ~求められる人材とは

会社が求める人材とは? 転職を決める際の譲れない基準とは? いざ行動する場合の具体的な準備とは? まじめに転職を考えるなら、最低限これだけは考えておきましょう。

職業倫理とは ~衣食足りて礼節を知る

相次ぐ資格者の不祥事、成年後見人の被後見人の預金の流用や着服、行政書士でも不正使用を知りつつ個人情報を取得、提供したという事例がありました。 職業倫理と現実問題としての生活安定、この点について書いてみました。

○ 相続 書類 ~実際の申告書類を紹介します

実際に用意されている申告書類と添付資料の用紙について 実例を交えて紹介していきたいと思います。

遺贈とは? ~相続のもうひとつのカタチ

遺贈とはなんでしょう? 文字通り、亡くなった時点に効力を発揮する贈与です。 これにはいろいろな方式がありうます。 代表的な事例を分かり易くまとめてみました。

マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP