50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 遺産相続

両親が相次いで死亡! 相続手続きはどう変わる? ~最近の話題から

相続にはその発生時期によって相次相続、数次相続、再転相続と言ったケースが生じます。それぞれのケースを昨年夫婦が相次いで亡くなった芸能人夫婦を例にして説明したいと思います。

事前の根回しが成否を分ける遺産分割協議?!

遺産相続の手続きの一つである遺産分割協議について、ポイントは実は開催前の下準備、根回しの成否如何です。 誰が旗振り役を担うのか? 開催場所をどこにするか? 限られた期限内で全員が都合のいいスケジュールの調整から協議内容の優先順位の決定や書記役の任命等など 事前に片付けるべき課題は意外に多いのです。

これまでの相談事情あれこれ

業務上いろいろな相談者の相談を受けてきました。当初は的外れな相談から始まりましたが、いろいろなパターンの相談を経て今日に至りました。 いろいろ印象に残った相談事例やその傾向、背景等について紹介していきます。

相続のパターンあれこれ

 一口に相続と言っても、相続人の構成や発生状況、発生順によっていろいろなパターンに分かれる事をご存知でしたか? 今回はあまり聞きなれない数次相続、再転相続といったケースを中心に相続に関するプラスワンの基礎知識を紹介していきます。

自筆証書遺言:改正によって何が変わる?

今回の民法改正に伴う自筆証書遺言の作成の変更点について簡単に紹介します。 改正によるメリットとデメリット、なお残る課題について身近な事例に限定して紹介していきます。

相続に関する思い違い事例紹介 

相続に関していろいろ相談がありますが、中には思い違いからくるトラブルを抱えるケースもありました。 代表的な例として相続人の相続分の規定や特殊な相続の形態である代襲・再転・数次相続を採り上げています。

おひとり様のコレクションの始末

相続の際に判断に困るものに故人のコレクションがあります。 骨とう品や美術品のように価値の高いものから、個人の趣味の領域でしかない品々、相続人を持たないおひとり様はどうやって始末をつけるべきでしょうか?

遺産分配~大きく変わる預貯金の取扱い

遺産相続の際に、これまで単純な法定相続の割合を基準としてきた預貯金の取扱いが、これからは大きく様変わりするという最高裁の判決について簡単に紹介してみます。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

 世帯別の家計資産の動向について ~総務省「全国消費実態調査」より 

総務省のデータから見た世帯別の資産動向です。 貯蓄額、借金額、不動産等の資産は単身世帯と2人以上世帯とでどういう傾向が見て取れるのか? そこから見えてくる相続問題とは?

1 2 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP