50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 評価減

相続財産の評価にご注意を!?

いざ相続発生、時間が無いことをいいことに単純な計算で相続税を算定してはいけません。 土地にはいろいろな減額要因があり、株式や投資信託にも評価額の基準が決められています。単純な計算で払わなくてもいい相続税を申告しても、税務署は指摘してはくれません。自分の身は自己責任で自分で守るしなないのです。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

相続税の相談から ~税務調査のポイント

相続税の申告をする場合に気をつけなければいけない10項目とは?この点を税務調査でチェックされます。 ここさえしっかり備えておけば、申告漏れを指摘されることはありません!

相続税対策、最近のチェックポイントとは?

相続税の対象となる相続財産をお持ちの場合、どういう準備をしておくと税務署の調査に対応できるか? 簡単な紹介をしています。 しかしながら、一番の策は 正直な申告に限ります。

相続 期限 ご存知ですか?

相続の手続きにはそれぞれ期限が定められています。 民法上のもの、税法上のもの、それぞれの注意点を紹介しています。

相続問題 ~相続財産と手続き

相続の問題は、大きく2つああります。 税金問題も争族防止も事前の準備で大きく変わってきます。 この点について皆さんはご存知でしょうか?

小規模宅地の評価減 その適用の範囲とは?

大きな相続税軽減につながる小規模宅地の特例ですが、条件によって厳しく規定が定められています。どういうケースが適用でどういうケースが不適用なのかを説明します。

相続調査 ~把握してますか?相続財産について

相続に関して、親と子の立場で把握しておくべきは何か? 現状はどういう状態か? 言い出し難い話題ですが、まずは子供から切り出しましょう、親はさほど感情を害していないようです。先に悩み、考え、将来スムースな継承を心がけましょう。

相続費用~一次相続と二次相続、ご存知ですか?

相続は1回限りの問題ではありません。子の代へ相続する二次相続まで考えないと、思わぬ課税が待っています!相続税法の改定も視野に入れて考えてみませんか?

マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP