50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • 固定ページ
  • 設計

タグ : 設計

貴方の目指す第二の仕事は再就職、転職? それとも起業・独立?

社会人として脂の乗り切った40代の悩みとは? 多くの場合このまま今の会社に定年まで居続ける事の是非でしょうか? なぜ転職を思うのか、正確な理由に正しく向き合えているのか? 自分自身をごまかしての転職活動では結果は期待出来ませんし、 さらに家庭の理解と協力を得るためには相当な努力が求められます。 現状維持と安定を望む配偶者や両親をどう説き伏せるのか? その為の相談相手はいるのか? いないとしたら なぜいないのか? 選択肢が多い40代にはそれなりの悩みや問題が出てきます。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

健康・介護・リストラ・そして…  ~第二の人生で考える4つの問題とは?

50才を迎える頃に直面する健康、介護、リストラ、再就職先の問題について、貴方は真剣に考えていますか? いきなり直面した場合、最適の選択を出来る方はまずいません。会社に残る方も独立を考えている方も共通して考える問題を採り上げました。

65才からの収支計算 ~無視できない保険料と医療費の実態とは?

定年後も変わらずに発生するものに医療費があります。 年金からも保険料はしっかり天引きされていますし3割の自己負担といっても、重篤な病気によっては負担額は数十万円単位になります。 介護発生時にはさらに予想外の出費になります。 その想定はされていますか?

独立・開業を目指すなら50才から?!

会社勤めの方、定年まであと何年でしょう? これまでは50才から考える定年後の人生で良かったのですが、今や40才で考え始めないと間に合わない危険があります。 貴方自身と、高齢の両親、まだ支援が必要な子供、 50歳でいっぺんに背負うよりは、出来る事は早い時期に始める事です。

最近の転職事情とは?(その2)

転職を決める前に、考えておくべきことを紹介します。 好きな事と、出来る事の区分けは出来ていますか? 貴方自身の「売り」を見極めていますか? 年収減の覚悟、その為の蓄えは充分なものですか? 転職活動の前に、備えておくべき事につて紹介しました。

創業支援について ~公的施設の実態とは?

23区内にある主な創業支援の組織について調べてみました。 我々のような50代男性向けの内容は、殆どありません。 それでも起業・開業を目指すなら、利用出来るものすべてに目を向けましょう!

50代で迎える相続手続

50才から起業・独立を目指す貴方は親との間で相続や遺言について話し合っていますか? 今回は事例として事前に話し合いをしていなかった場合の様子を紹介します。 前に出るには、足元がしっかりしていなければ、出だしで躓く事があります。

名義変更までの手続きとは? ~まずは登記事項証明書の注意点から

登記事項証明書を入手したら次にその中身をチェックしsましょう。 特に地目には注目です。 地目の記載に田畑や保安林とあった場合にはスムースな贈与は事実上不可能なのです!

中高年の転職 ~求められる人材とは

会社が求める人材とは? 転職を決める際の譲れない基準とは? いざ行動する場合の具体的な準備とは? まじめに転職を考えるなら、最低限これだけは考えておきましょう。

1 2 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP