50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 解約

タグ : 解約

相続財産の評価にご注意を!?

いざ相続発生、時間が無いことをいいことに単純な計算で相続税を算定してはいけません。 土地にはいろいろな減額要因があり、株式や投資信託にも評価額の基準が決められています。単純な計算で払わなくてもいい相続税を申告しても、税務署は指摘してはくれません。自分の身は自己責任で自分で守るしなないのです。

50代で始める「おひとり様終活」について

高齢のおひとり様にとって賃貸契約や病院や施設への入院・入所時にぶつかる問題に「身元保証人」の問題があります。 さらに自分の死後のいろいろな後始末に関しても、おひとり様は事前に備えを考えておかなくてはいけません。

おひとり様が自分の死後のSNSを削除するには?

ネット上に複数展開している自分の足跡、SNS上の自分情報を自分の死後はどうなるか?特におひとり様の場合は家族に頼れないだけ、より事前に考えるべきことがあるのです。

50代になったら考える 具体的な断捨離

断捨離というワードは今や日常に定着したものですが、では実際に行動を起こすとなると、何から手を付ければと、戸惑うことが多いはずです。 特に50代から始めるなら具体的にどういう断捨離があるのかを事例を交えて紹介しました。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

第二の人生を迎える50代が絶対に考えておかなければいけないこととは?

50代の立ち位置は子供でもあり、親でもあります。自分達を含めて3世代の将来を担う世代になるのです。その中で子として何をすべきか、親として何をすべきか? さらに50代の子を持つ親は何をすべきなのか? 2つの側面から相互の課題を解説しました。

備えてますか!? おひとり様~

おひとり様にとっての終活、相続以外にも葬儀や墓、施設入居の場合の身元保証人、認知症への備えなどいろいろ考えておくべきことが多いのです。 貴方には事後を託せる備え、出来ていますか?

ネット上の終活2 ~主なプロバイダの対応は?

ネット上に存在する貴方の情報、契約した各種サービスを貴方の死後、どうやって解約、承継していくか?各種サービスやプロバイダの対応について知っておくことも大切なもうひとつの「終活」です。

ネット上の終活とは? 

ネット上の終活とは? 貴方が日頃利用しているSNSに残るいろいろな記録や足跡。 貴方の死後の取り扱いを今から考えておきましょう。 また突然の別れとなった遺族はどうやってネット上の故人の足跡をたどるのか? 双方の視点から紹介しました。

いわゆる「終活」について

人生最後の仕事になる「終活」も家族ありの場合とおひとり様の場合では微妙に違いが出てきます。 後を託す人がいないおひとり様が考えておくべき終活の最低限の課題について紹介しました。

1 2 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP