50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 融資

タグ : 融資

おひとり様は特に備えましょう!「デジタル遺品」と「デジタル資産」の始末

今や70代でもインターネットを使いこなす時代、気が付かないうちにネット上にいろいろな貴方の情報が、存在しています。 貴方の死後に発生する「デジタル遺品」「デジタル資産」とはいったいどういうものか? 放置したらどうなるのかを紹介し、事前の情報の管理と保管の大切さを紹介しています。

おひとり様の不動産はどうなる? どうする?

家族がいてもその始末について、将来悩みの種となる恐れのある持ち家ですが、より深刻なのはおひとり様の不動産です。後を継ぐ者がいない、全ての決断は自分で下さざるを得ないのです。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

自分で自分を値踏みすると?

貴方自身の価値はどのくらいですか? 会社という看板や役職を除いた貴方自身の「売り」は、果たして第三者にはどのように映っているか? 自己評価と第三者からの評価にギャップはありませんか?

 世帯別の家計資産の動向について ~総務省「全国消費実態調査」より 

総務省のデータから見た世帯別の資産動向です。 貯蓄額、借金額、不動産等の資産は単身世帯と2人以上世帯とでどういう傾向が見て取れるのか? そこから見えてくる相続問題とは?

面談して判ること

職務上いろいろ面談をしているとこれはと思う体験をします。 時間を守らない方、自画自賛過剰な方、考えが固まっていない方、考えていない方など等、一度は自分自身の棚卸と現状の直視をしてから、改めて第二の人生を検討するようにしたいものです。

マイナンバーの導入で相続税の申告漏れは根絶?

これまで相続税の申告では多くの申告漏れが指摘されていましたが、マイナンバーの導入により、各種の情報が一元管理されることで「正確な税の徴収」が可能になるのです。 将来預貯金の口座へ紐付けされれば入出金の移動はガラス張りになり、生前贈与の動きも把握されます! 下手な節税対策は却って税務署から目を付けられるだけですね。

起業・創業支援制度

貴方が起業・開業を目指すなら公的な起業・創業支援制度は必須のものです。 国の行う支援制度の中からシニア向けのものを中心に紹介しました。 他にも自治体単位での支援サービスが用意されているので、まずは自分の考えを聴いてもらう事、ここから起業のスタートを切る事で、失敗のリスクを軽減できるのです。

体験から語る起業・独立のポイントとは?  その2

起業や独立に欠かせない立ち上げ資金について、公的機関や民間での支援策の主だったものを紹介しました。他には最も重要な起業するための準備について、何時から、何を始めるべきか 会社を離れてからの人間関係の再構築等、最低限意識すべきポイントを紹介しています。

高齢者向けビジネス~ シニアシフトで市場拡大とは?

団塊世代が65歳以上に突入する2012年からビジネスチャンスはこの世代を取り込むことに中心が移ってきています。身近にある業種を例に、これから起業を考える場合の大きなヒントを紹介していきます。

1 2 3 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP