50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 菩提寺

タグ : 菩提寺

おひとり様はどう自分の死と向かい合うべきか?

今や人生80年、90年時代、その中で高齢化社会に伴う様々な課題が出てきていますが、中でもおひとり様の高齢者の増加は新たな問題を出現させています。 周囲に迷惑をかけたくない、その一点に絞っていけばおひとり様が向かい合うべきものが見えてきます。

改葬 ~最近の傾向とは?

最近の改葬に関する話題をまとめて取り上げてみました。一人っ子の増加や、おひとり様の増加が招く将来の無縁墓の急増の問題や、都会から都会への新たな改葬の発生等の現象についてや、改葬の基礎的な知識のおさらいを兼ねて紹介していきます。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

備えてますか!? おひとり様~

おひとり様にとっての終活、相続以外にも葬儀や墓、施設入居の場合の身元保証人、認知症への備えなどいろいろ考えておくべきことが多いのです。 貴方には事後を託せる備え、出来ていますか?

50才で備える「自分片付け」とは?

50才になったら家族の為にも、自分の為にも、自分に関する事柄について整理整頓しましょう。 その中で私が思う大切な10項目を紹介しました。 第二の人生を迎えるに当たり、仕事に専念するためにも、この備えを万全にすることです。

改葬の手続きに潜む落とし穴について ~行間を読まないと苦労します!!

最近話題の郷里から近郊の墓地や霊園への「改葬」、さまざまな手順の紹介やアドバイスのマニュアルが出ていますが、実際にやるとなると、書かれていない事に難渋する事、少なくありません。  行間に潜む注意事項を簡単に紹介しました。

お葬式の常識とは? ~最低抑えるべき6項目とは? 

いつか来る親の葬儀。 その時に最低限知っておくべき6項目とは? 親に限らず、夫の情報を知らない奥様にも必見です。

改葬 ~費用と方法

郷里との繋がりが希薄になってくるとお墓自体を自分の居住地近くに移動させたいというケースが多くなります。 改葬について、簡単な手続きの解説と改葬に伴うトラブルについて書いてみました。

葬儀と喪主 

喪主の役割を改めて考えてみました。 一番別れを惜しみたい人に、雑用を仕切らせることはどうでしょうか? その為には世話役を選定しましょう、もちろんそれは 貴方が生前に準備する事なのです。 喪主に最期の時を過ごさせてあげること、これが喪主の仕事ではないでしょうか?

1 2 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP