50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 老親

タグ : 老親

もしもの時、おひとり様の面倒は誰が看る?

今は気ままな独身生活を謳歌している50代も、将来自身に何かあった場合、自分の面倒は誰に看てもらいますか? 問題を先送りにするのではなく、現実を見て、何らかの行動を起こしませんと将来どう言う事態に直面するかを紹介し、その対策としての事例を紹介ししています。

 中高年の転職事情に変化の兆し?!

昨年の転職市場はこれまで言われてきた35歳転職の壁が変化し、シニア世代の転職活性化が話題になっています。その背景には経験とスキルのある管理職需要の増加だそうです。転職市場の一層の活性化が望まれますが、そこに立ちはだかる社会制度の問題もあるのです。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

50代が今からでも備えるべき事とは?

今50代の貴方が介護保険の適用を受ける65才までに、どういう備えが必要なのか? 貯金、今の家計の収支、信頼出来る人物の有無、後事を託せるような後輩、さらには認知症への備えから万が一の場合のエンディングノートや成年後見制度等、いろいろと考えておくべき事は山積みなのです。

50才から考えることとは?

人生は20年の区切りで大きな節目が来ます。 20歳は成人式、40歳は社会人になって20年の「成人式」 50歳は人生80年の場合の折り返しの年代です。 40歳から50歳の貴方、備えるなら何時でしょう? 今でしょう。

悠々自適 ~早期リタイアの場合の問題とは?

50代で早期リタイアをし悠々自適な生活をする。 その為にはどのような条件をクリアする必要があるでしょうか? 資金から前提条件までを列挙しました。

50歳からの ~どう生きる?

50歳を迎えたら、これからの30年間にすべきことをリストアップして、スケジュールをたてましょう。自分のこと、両親の事、やるべきことは多いですよ。

相続トラブル ~老々相続の問題点

平均寿命の伸びに伴って、相続の発生が子供が6~70代のケースによる 新たな相続トラブル、老々相続の問題点を今から知っておきましょう!

第二の人生を迎える最初の準備とは?

第二の人生を迎える前に大切なことは何か?たとえば士業は資格さえあれば、独立・起業できますが、この世界でもポイントになるのは営業力。即ちいかに多くの方に自分を知ってもらえるかということに尽きます。既存のやり方、過去の肩書に固執してはこれまでと大差ない人生になります。まず準備することは何かを紹介します。

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP