50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 義務

タグ : 義務

在宅死のリアル

在宅死を望む声は多いですが、おひとり様が自宅で亡くなって、長く放置された死でも区分上は在宅死となる。 意外に認識されていないおひとり様の在宅死に関わる問題と、防止策として気を付けるべきは何か? 簡単にまとめてみました。

「イエの後始末」を考える時に親子で共有すべき情報とは?

実家を相続する場合、させる場合、お互いが情報を共有しておくべき5項目の情報とは何か? その内容と理由について簡単に紹介しています。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

マイナンバーの導入で相続税の申告漏れは根絶?

これまで相続税の申告では多くの申告漏れが指摘されていましたが、マイナンバーの導入により、各種の情報が一元管理されることで「正確な税の徴収」が可能になるのです。 将来預貯金の口座へ紐付けされれば入出金の移動はガラス張りになり、生前贈与の動きも把握されます! 下手な節税対策は却って税務署から目を付けられるだけですね。

定年後も働く ~どうやって?

60才、65才で定年後の生活をどうやって支えるのか? 年金支給開始までの生活費は? 年金だけで生活が出来るのか?定年後も働くならば、再就職か起業独立なのか? 50才になったら定年後のプランを考えなくては間に合いません!

 起業か、宮仕えか? 貴方に向いているのは?

最近は若手の起業志望者が減少しています。厳しい経済環境下では安定志向に奔るようですが40代50代にとってはより厳しい選択になります。 貴方が起業、宮仕えのどちらに向いているか? 事例を使って解説しました。 起業に求められるのは、目の付け所と、最後の決断力と実行力です。 貴方はどうでしょうか?

50才、相続について考える時期

50代になれば相続や遺言についてそろそろ真剣に考え始める時期ですが 親の立場からすれば死を目前にしたというデリケートな時期でもあるのです。 独りよがりの考えや、先走った計画等は却って親との関係を悪化させてしまいます。 そうならない為に、出来る事は簡単かつ、一つだけなのです。

登記申請書

今回は登記申請書の作成とその注意点、添付資料の説明など、最終段階の作業です。 表記一つのミスでやり直しを食らわないよう、細心の注意を払うようにしましょう!

名義変更・自分たちで用意するものとは?

今回は自分たちで用意するもの、しなくてはいけないものについて紹介します。 委任状と贈与契約書です。 いざというときの前に、知っておいて損はない事です。

財産信託  ~遺言代わりに家族信託とは?

遺言の代わりに信託を活用する。 相続問題にも有効な手段となる信託について再び紹介しました。 不動産しか財産がない場合の信託についてご存知でしたか?

1 2 3 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP