50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 継続雇用

いよいよ70歳定年制に?!

政府が発表した70歳定年制、減少する労働力人口対策として、65歳までではなく、それ以上でも意欲ある方に対し、70歳までの雇用を保証し、年金受給開始時期を70歳以上にすることで財政負担への対処を図るものですが、実際の導入に関して懸念される事項をまとめてみました。

高齢社会対策大綱について

政府から発表された高齢社会対策大綱の中身について、我々世代に関連する項目について簡単に紹介しています。 今や65歳まで現役で働くことが前提の時代、その為の仕事環境やバックアップについて、それに連動させる公的年金の支給開始時期のさらなる繰り下げの指針など、今後も関心を持つべき内容でした。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

定年後も働く ~どうやって?

60才、65才で定年後の生活をどうやって支えるのか? 年金支給開始までの生活費は? 年金だけで生活が出来るのか?定年後も働くならば、再就職か起業独立なのか? 50才になったら定年後のプランを考えなくては間に合いません!

定年退職後の再就職の実態とは?

定年退職後の仕事探し、再就職や雇用継続など、貴方に合った選択はどれか? 最新のネット上での仕事のマッチングなど50代から考える再就職の事情とは?

年金制度 ~50才迄に決めることとは?

年金の支給開始をいつからにするか? 繰上げ、繰下げの場合のメリット、デメリットを紹介すると共に 定年後に再就職するのか、リタイアするのかによっても支給時期を考える必要があります。それを決めるのは50才なのです。

60歳からの「現役」とは?

貴方は60歳定年後の生活に自信ありますか? 無年金の何年間を過ごした後の約20年間の暮らしを支えるには60歳現役を前提にしませんと。 では、50歳の今、そのことを考えていますか?

マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP