50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 経済

タグ : 経済

何が違う? 墓じまいと改葬 ~おひとり様のお墓事情

よく墓じまいイコール改葬と理解される方がいますが、改葬しなくても墓じまいは出来ます。跡継ぎのいないおひとり様にとって、自分を含めた代々の遺骨をどうすればいいのか? 特に実家のお墓を継いだ方にとっては絶対の決めておくべき「終活」のひとつでもあります。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

第二の人生を迎える50代が絶対に考えておかなければいけないこととは?

50代の立ち位置は子供でもあり、親でもあります。自分達を含めて3世代の将来を担う世代になるのです。その中で子として何をすべきか、親として何をすべきか? さらに50代の子を持つ親は何をすべきなのか? 2つの側面から相互の課題を解説しました。

50代が今からでも備えるべき事とは?

今50代の貴方が介護保険の適用を受ける65才までに、どういう備えが必要なのか? 貯金、今の家計の収支、信頼出来る人物の有無、後事を託せるような後輩、さらには認知症への備えから万が一の場合のエンディングノートや成年後見制度等、いろいろと考えておくべき事は山積みなのです。

40代以下が、今考える危機とは?

今や40代から考えるライフプラン。 少子高齢化がこのまま進むと、今の40歳以下は現状では不景気の中で暮らし、老後は年金、医療費といった社会保障も期待出来なくなります!

50代で考える婦唱夫随?

50代の夫婦に求められるものとは? 現時点のバランスシートは誰が把握している? 専業主婦も働いてみる事で見えてくることとは? 会社人脈以外の交流の大切さ、家事を分担する事で夫婦円満? 今まで顧みてこなかった家庭生活の安定はこれからの人生のスタートには欠かせないポイントなのです。

40代の直面する現実とは?

40代、会社でも社会でも屋台骨を支える世代ですが、多くの問題を抱え、悩みに頭を抱えていました。 中でも住宅ローンと教育費負担に悩むケースが多く、そこに親の介護や自身のりすとらが絡むケースも少なくないのです。 今40代が考えるべきこととは何か?

首都圏で進む高齢人口の急増について

首都圏においても高齢化傾向はこれから急伸、その中で新たな商機や経済発展の可能性が生まれてきます。 これからの仕事を考えるなら、この高齢者世代の消費性向を十分検討する事が必要になってきます。

高齢社会白書を読んで ~その2

高齢社会白書紹介の後半は高齢者の生活実態と労働や社会活動への参加などの紹介です。その実態を分析すれば新しい起業のヒントや成功の要因が見つけられることも?

高齢社会白書を読んで ~その1

内閣府から発表された高齢社会白書の内容について、前半部の現状と実態の部分を抜粋して紹介しました。 全2回に分けて紹介していきます。

1 2 3 4 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP