50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 第二の人生

気になった再就職・転職相談 その1

いろいろな相談者、相談案件を経験してきたなかで、記憶に残っている事例を紹介します。 相談内容ではなく、相談者についての事例紹介です。

シニア起業の今

コロナ禍の中、余裕のできた時間に時間をかけて第二の人生を考える50代シニアが増えています。今やシニア起業の中心は50代となり、在職中の起業が普通になってきています。 このような傾向の中、実際に相談に訪れた事例を含めて最近のシニア起業について紹介していきます。

新たな出会いで思わぬ事態に!?

定年後は生活の心配もなく社会貢献、地域貢献の為にボランティア活動に参加を考えるシニアは少なくありません、ですがそこには思いがけない出会いによって順調だった人生の軌道から脱線するリスクも潜んでいるのです。 実例を中心に人間関係、老後資金、夫婦関係に影を落とすリスクについて紹介しています。

新たに感じた起業・独立相談で気になる傾向 

コロナ禍の中、起業を目指す相談者にも変化が生じています。従来のような見返してやるというリベンジ型やトレンドに乗って勢いで企業というタイプは影を潜め、堅実な計画をすでに構築しているタイプと切羽詰まってとりあえず起業で起死回生を願うといった背水の陣のタイプに二分化されてきたようです。それぞれの特徴と後者のリスクについて紹介しています。

シニアのオンライン面接のポイントとは?

新卒者に加えてシニアの再就職、中途採用にもオンライン面接は欠かせないものとなりました。 ただでさえ、新卒以来数十年ぶりの採用面接という方が大半の中、おまけに対面ではない画面を通しての面接に面食らう方はかなりの数に上っているようです。限られた空間と時間の中でいかに自分のPRが効率的、効果的に出来るか? 何と言っても事前の準備がカギを握っているのです。

独立・開業とゴルフの共通点とは?

好きなことで独立したい、得意な分野で開業したい、これだけでいきなり行動に移すことは非常に危険です。事前の準備の持つ大切さはある意味ゴルフと似ています。共に好きな時にスタート出来ますがその結果は全て自己責任です。 止まったボールを打つのにも一苦労することは独立・開業の持つリスクと通じるものがあるのです。

シニア起業を促進するか?公的制度あれこれ

シニアの起業を促進する各種の公的支援や現在のシニア起業の実態などについて紹介しています。 ただ現在のコロナ禍の中での起業はかなりの困難を想定する必要があります。

シニアからのおひとり様には危険がいっぱい?

 夫婦二人暮らしで家庭のことは全て奥さん任せで来たシニア世代の男性は将来おひとり様になった場合、非常に多くの問題に遭遇します! 既におひとり様であれば問題なくこなしている家事がいきなり克服困難な壁になってしまうリスクについて紹介しています。 たかが家事、というならば、見事にこなして欲しいものです。

コロナ禍で大きく変わる第二の仕事探しとは?

【今日のポイント】  コロナ禍が拡大を続け、終息の見通しが全く立たない中、 50代に加えて40代の会社員からの将来に関しての相談が絶えません。  その中で「未曽有の経験」の為か、 これといった青写真を持たないまま現状を嘆 …

退職一時金と転職・独立のタイミングに勤続20年の壁

勤続年数によって大きく変わる退職一時金の控除額とその基準について紹介しました。 勤続20年以内で転職や独立を目指す場合には要注意なことです。

1 2 3 25 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP