50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 稼ぎ

准高齢者 提唱の意味は?

最近提唱された准高齢者という定義が意味するものは? 労働力として現役復帰を促す? 現役扱いで年金支給時期を遅らせる? いろいろな見方が出来るのです。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

独立したら習慣にしたい事、まずは2つ

士業を例にして、開業後も常に意識する事、習慣にすべき事2つについて紹介しています。ネット検索ページで上位を維持するためには適当なターゲット層を絞り込んでいるか?その層に響く様なワードを意識したタイトルや記事内容かを常に意識する事。 なぜ繁盛しているか、多角的な方向から検討する事を習慣にする事です。

起業で目指すものは「理」か「利」か?

貴方が起業を目指す場合、利益追求ですか、理想の追求でしょうか? 理想ばかりを追いかけると肝心の生活に支障をきたしますし、利益第一の姿勢ではこれもまた起業の成功は叶っても、その代償に失うものも少なくない場合があります。理と利は共に起業に欠かせないものですが、そのバランスはより大切なものなのです。

心に刻んだ言葉二つ

50才からの第二の人生を迎えるにあたって参考になる言葉2つを紹介しました。 まず、目指すゴールを決めてからプロセスを固めていく。 成功例を真似するのではなく、失敗例から学び取ることで成功の確率を高める。 先憂後楽の考えはまさにその象徴です。

定年後も働く ~どうやって?

60才、65才で定年後の生活をどうやって支えるのか? 年金支給開始までの生活費は? 年金だけで生活が出来るのか?定年後も働くならば、再就職か起業独立なのか? 50才になったら定年後のプランを考えなくては間に合いません!

士業での起業

本来独立に適した士業でも就職を希望するケースが少なくありません。士業で起業する前に何故その資格をとるのか?どういう仕事と資格をリンクさせる計画なのか?ここまでを考えて資格取得を目指す事から始めましょう。 そこまで考えないで資格を取得した場合。多くは他人の成功譚に左右されてしまいます。 せっかく独立出来る資格なのですから、就職ではなく起業を目指しませんか?

高みを目指すか、裾野を拡げるか  ~独立・開業を考える貴方へ

独立・開業を目指すなら、その業界で高みを目指すのか、裾野を拡げる事を目指すのか、貴方は決めていますか? そして、その考えに適した場所までを想定しているでしょうか? 独立するという事の難しさについて紹介しました。

所謂ビジネスプランについて

今や迷惑メールの世界でも他との差別化が悪い方向で進んでいます。 まっとうな社会での起業や開業ならばより一層の差別化や強みの認知を図らなければいけませんね。

50代の貴方へお尋ねします

50代の貴方へ改めてお尋ねします。 これからの人生、特に定年後の生活について今から考えておきましょう。 80歳まで生きたとして、定年後20年のライフプランは今考えるべき課題なのです!

1 2 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP