50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 福祉

これだけは知っておきたい:空家等対策の推進に関する特別措置法

 最近話題の実家の空き家問題ですが、放置した空き家に関連する法律について詳しく知っている方は多くありません。 最近は多くの方が実家の始末について相談されているので、ここに通称空家特措法についての理解を深めるために、特に関係ある個所について解説したいと思います。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

50才、独立・開業後の効果的な宣伝方法は?

士業で開業後、宣伝効果の期待出来る手立てとして,SNSはどうなのか? その費用対効果を検討してみました。 また士業にとってのセミナー開催の重要性を具体的なポイントを明示して紹介しています。

50代が今からでも備えるべき事とは?

今50代の貴方が介護保険の適用を受ける65才までに、どういう備えが必要なのか? 貯金、今の家計の収支、信頼出来る人物の有無、後事を託せるような後輩、さらには認知症への備えから万が一の場合のエンディングノートや成年後見制度等、いろいろと考えておくべき事は山積みなのです。

最近の転職事情とは? (その1)

データから見る転職の実態とは? 厚労省の雇用動向調査から年齢別に見た入職離職の実態やその理由、さらに転職による入職の年齢別の傾向を解説しました。

ハローワークの効率的な活用法とは?

ハローワークで把握できる情報にはどういうものがあるのか? なぜ実際に出向いていかなくては本当の情報が入手できないのか? 以前にも紹介しましたが、効率的なハロワの活用法で貴重な時間と労力を有効に使っていけるのです!

それでも再就職・転職を目指す貴方へ

起業・独立よりはやはり、再就職や転職を考える方、まずはハローワークに行くのでしょうが、その時に自分の意思は決まっていますか? 業種と職種、どちらが貴方にとって重要な項目なのでしょう?

独立・起業 ~失敗しない為には

独立を考える場合の最重要項目の何で独立するのか? その資金計画は? この2つです。 これについてどういう姿勢で臨むべきかをまとめました。 閃きや楽観論だけでは越えられない現実を直視しましょう!

ハローワークの利用法 その1

55歳になれば真剣に考えるこれからの人生。 なかでも次の仕事に関しては気にはなっても在職中では動き辛いのも事実でしょう。 今回ハローワークの中身について簡単に紹介しました。

 独立・起業  ~追い風の起業環境と意外な実態とは?

起業につきまとう3つのハードルとは? さらにシニア起業の意外な側面とは? でも、起業を検討することを推奨します。 その理由とは?

1 2 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP