50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 禁止

50代、この行動で老後の孤立・孤独を防ぎましょう

 最近は中高年の孤立、孤独化が問題になっているが、多くは会社以外に繋がりのある交流関係を持てなかったことにありました。 特にこれから高齢化に向かう50代には隣近所に近しい関係の友人を持つことが必要とされます。 その為には、どういう行動が求められるのか? してはいけない事は何か? これらの話題をまとめてみました。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

ネット上の終活2 ~主なプロバイダの対応は?

ネット上に存在する貴方の情報、契約した各種サービスを貴方の死後、どうやって解約、承継していくか?各種サービスやプロバイダの対応について知っておくことも大切なもうひとつの「終活」です。

 起業か、宮仕えか? 貴方に向いているのは?

最近は若手の起業志望者が減少しています。厳しい経済環境下では安定志向に奔るようですが40代50代にとってはより厳しい選択になります。 貴方が起業、宮仕えのどちらに向いているか? 事例を使って解説しました。 起業に求められるのは、目の付け所と、最後の決断力と実行力です。 貴方はどうでしょうか?

中高年フリーターの現実

中高年、35~44歳のフリーターは年々増加傾向にあり、いったん入り込むと脱け出す事はかなり難しいようです。 厳しい現実を実例で紹介しています。 もし再就職を安易に考えてるなら容易にこの世界に入り込んでしまいますよ!

最近の転職事情とは?(その2)

転職を決める前に、考えておくべきことを紹介します。 好きな事と、出来る事の区分けは出来ていますか? 貴方自身の「売り」を見極めていますか? 年収減の覚悟、その為の蓄えは充分なものですか? 転職活動の前に、備えておくべき事につて紹介しました。

相続について ~婚外子の相続問題

先日出た最高裁の判例、婚外子の相続差別は違憲である。 理屈では分かっても感情面ではどうでしょう? お互いの立場に立てばますます結論は出せません。 またすべての婚外子に権利があるのではなく認知されていることが必要な点も重要な案件です。

マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP