50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 社内

タグ : 社内

もしもの時、おひとり様の面倒は誰が看る?

今は気ままな独身生活を謳歌している50代も、将来自身に何かあった場合、自分の面倒は誰に看てもらいますか? 問題を先送りにするのではなく、現実を見て、何らかの行動を起こしませんと将来どう言う事態に直面するかを紹介し、その対策としての事例を紹介ししています。

 中高年の転職事情に変化の兆し?!

昨年の転職市場はこれまで言われてきた35歳転職の壁が変化し、シニア世代の転職活性化が話題になっています。その背景には経験とスキルのある管理職需要の増加だそうです。転職市場の一層の活性化が望まれますが、そこに立ちはだかる社会制度の問題もあるのです。

准高齢者 提唱の意味は?

最近提唱された准高齢者という定義が意味するものは? 労働力として現役復帰を促す? 現役扱いで年金支給時期を遅らせる? いろいろな見方が出来るのです。

いよいよ3回目の…

60歳、還暦は人生で3回目の成人式、それまでの2回と異なり、人生の集大成の節目に当たるこの時に、悔いのない人生であるために、どうすればいのでしょうか?

うまくいく転職・再就職は在職中の姿勢で決まる!?

転職、再就職、定年後のスタートでも早期退職からのスタートでも、気を付けなくてはいけないことは在職中の備えがどこまで出来ていたか、進めてきたかによります。 マネープランから人脈の見直し、仕事に対する視点の変更など、特に留意すべきポイントをまとめてみました。

こんな50代になっていませんか?

自分では自覚していない?50代のこまった行動パターンを紹介しています。 自分たちの時代と現在の置かれている各種環境の相違を認識していない?していても考えを変えない? 現役を退く際の心構えでその後の人生は大きく左右されます。

プロフィール

私がサラリーマンから行政書士に仕事を鞍替えしたきっかけからその経緯までを簡単に紹介し、そもそも行政書士とはどんな業務を行うのかを判り易く書いてます。 そして行政書士の業務からいろいろな相談事(転職・起業から老親、子供、自身に関する諸問題など)を受けるに至り、新たなブログ相談やドットコムを立ち上げることになった経緯を紹介しています。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

社外人脈の中でも大切な社外同期とは?

転職でも再就職でも、起業・独立でも重要なのは、いかに社外に豊富な人脈を持っているかですが、なかでも同じ時期に同じ境遇になった「同期」の存在が最近重要視されています。社内でも支えとなっていた同期入社と同じく、新たな世界でも同期の存在は大きなものなのです。

1 2 3 5 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP