50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 短縮

マイホームが抱える問題 (親の立場から)

30代でマイホームを手に入れた世代も60歳、イエも同じように老化しています。築30年を前に早くもリフォーム発生というケースも珍しくありません。 リフォームの内容と規模によっては意外な高額になる費用や実施時期、その規模など事前によく検討しておきませんとなかなか実施に至りません。 さらに、本当に実施することが最適なのかどうかも、事前によく検討すべき問題なのです。

自筆証書遺言:改正によって何が変わる?

今回の民法改正に伴う自筆証書遺言の作成の変更点について簡単に紹介します。 改正によるメリットとデメリット、なお残る課題について身近な事例に限定して紹介していきます。

在宅死のリアル

在宅死を望む声は多いですが、おひとり様が自宅で亡くなって、長く放置された死でも区分上は在宅死となる。 意外に認識されていないおひとり様の在宅死に関わる問題と、防止策として気を付けるべきは何か? 簡単にまとめてみました。

おひとり様シニアに向いている終の棲家は?

長年暮らしてきたマイホーム、最近郊外の住まいから都心のマンション、それもアクセスのいい駅近くのマンションへの移住が目立っています。 シニアならでは、おひとり様ならではの問題解消に繋がるこの傾向について紹介します。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

50代 オトコおひとり様の居場所

50代でおひとり様の男性にどういう居場所が必要なのか? 世間の目や、時間の自己管理、弱みを出せう息抜きの場所など等、おひとり様に特に求められる項目を紹介しています。 仕事探しにはハンデになる50代のおひとり様への心構えとしてもまとめています。

シニア就業、大きく変わったその実態とは?

65才以上の就業率が年々上昇傾向に、しかも再度の宮仕えでの就業が大半という最近の傾向を国側、企業側、シニア世代側、それぞれの立ち位置から推測してみました。

今改めて「50才からの第二の人生」を考える :後編

今あらためて考えた50才からの第二の人生、何を為すにも時間を有効に活用しなくてはいけない最後のチャンス、それが50才なのだというスタンスを再度確信しました。 再度の宮仕えにせよ、独立開業にせよ、夢と目標を混同しないで熟考しましょう!

法務局に登記事項証明書の申請に行きました。

法務局に登記事項証明書の申請に行きました。 不動産の所有権移転手続き、実際にやってみると分からない事、判断に迷う事が山積みです。 まずは登記事項の証明手続きについて紹介しました。

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP