50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 無縁社会

タグ : 無縁社会

おひとり様が迎える孤独死を考える

おひとり様は孤独死予備軍? そもそもおひとり様にもパターンがあり、孤独死の考えも捉え方によって変わるものなのです。 ここではこの点についての解釈と、真に避けるべきは孤独ではなく孤立であることを事例を挙げて紹介していきます。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

現代社会問題 ~孤立無業者問題とは?

少しずつ高齢社会に対応した制度の変化や新たなビジネス機会の拡大の陰で、拡大する孤立無業者とは?将来の生活保護受給者の拡大や孤立死・孤独死にも繋がる問題です。

無縁社会 ~社会との繋がりの崩壊

従来持っていた血縁、社縁、地縁は今や崩壊寸前。 サラリーマンが最もつながる社縁も退職後には脆くも崩壊です。 そうなったときにどうなるのか? 居場所のない新しい人生に陥らないために、準備を始めましょう。

孤独死 その現実

一家三人が自宅で餓死して2か月近く放置。もはや孤独死や無縁社会は単身者や高齢者だけに留まらない現象になってしまったのか?制度だけでは機能しない支援制度について自問自答しています。

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP