50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 減収

新しい仕事、職場での問題とは? ~シニアの転職・再就職の場合

幸いなことに転職先、再就職先でも肩書のある管理職に就いたとしても、その後の貴方の仕事のスタイルによっては、大きな問題を、招きかねません! 焦ることなく、流されることなく、自分の人生にとっても、会社の成長にとっても貢献することになる為の行動基準とは何か? 身近な事例を交えて紹介していきます。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

老後の生活困窮問題とは ~50歳から考える事

定年後もローン返済を強いられる。 再就職が出来ないままに退職金が尽きる。 思ってもいなかった会社の倒産などで高齢になってからの生活苦に陥るケースは少なくありません。特に住宅ローンを抱えいると生活保護も適用されません。 今から考えるべき老後破産を防ぐ備えとは?

独立・開業を目指すなら50才から?!

会社勤めの方、定年まであと何年でしょう? これまでは50才から考える定年後の人生で良かったのですが、今や40才で考え始めないと間に合わない危険があります。 貴方自身と、高齢の両親、まだ支援が必要な子供、 50歳でいっぺんに背負うよりは、出来る事は早い時期に始める事です。

サラリーマンの節税 ~脱税との境界線に注意!

節税と脱税の境界線はどこにあるのか? サラリーマンの場合、限られた節税方法しかありませんが 間違っても脱税ととられ兼ねない方法には手を出さないように! ここでは、節税策として公認されている方法についても説明しています。

サラリーマンの副業問題とは?

サラリーマンの副業は実際のところ、どこまで容認されている? どのくらいが既に副業を始めているか? 今や、切実な生計費の補てんの為の副業の実態とは?

会社を辞める ~転職・再就職の現実とは?

会社を辞める選択のうち、転職や再就職を考える場合、どういう基準を持つべきなのか?収入減が避けられない場合の最低これだけは確保しなければ、という目安を解説しました。

マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP