50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 法定相続

タグ : 法定相続

おひとり様の自宅相続 ~家なき子の特例とは?

小規模宅地の特例について解説すると共におひとり様で家なき子の場合の自宅相続について紹介します。

おひとり様におススメ 遺贈寄付とは?

おひとり様が亡くなったらその財産は最終的にどうなるの? 最後の最後は国のものになる それで構わないならいいですが、そうではない場合、どういった始末方法があるでしょうか?

おひとり様の不動産はどうなる? どうする?

家族がいてもその始末について、将来悩みの種となる恐れのある持ち家ですが、より深刻なのはおひとり様の不動産です。後を継ぐ者がいない、全ての決断は自分で下さざるを得ないのです。

遺産分配~大きく変わる預貯金の取扱い

遺産相続の際に、これまで単純な法定相続の割合を基準としてきた預貯金の取扱いが、これからは大きく様変わりするという最高裁の判決について簡単に紹介してみます。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

非課税贈与制度 ~子を持つ親として注意すべきこととは?

4月から始まった結婚出産子育て資金贈与非課税、既に始まっている教育資金一括贈与と合わせて、生前贈与の促進はここにきて活性化していますが、あくまでも結婚や子のいる家庭が対象です。 子のない夫婦やおひとり様の兄弟がいた場合、後々の禍根になる恐れがある事、気付いていましたか?

贈与・相続 その違いとは?

相続と贈与の違い、税率が違う点以外の相違点を 簡単にまとめました。 案外知られていない相違点をチェックして下さい!

相続税計算 ~加算と控除とは?

相続税の計算はいろいろ複雑な仕組みになっています。 加算する項目もあれば控除する項目もあるのです。 考え方だけでも、よく把握しておきましょう。

相続税計算 ~お問い合わせへの回答として

今回はお問い合わせの中からピックアップした内容を紹介します。相続税の算出方法、実際に計算出来ますか? 代表的な事例を基にして解説します。

相続対策  ~家庭事情と節税対策の関係とは?

不動産と預貯金の相続の場合、どういう相続が相続税の軽減に繋がるのか? 一次相続と二次相続を考慮した場合は? 目先の税額に惑わされてはいませんか?

1 2 3 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP