50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 法人

タグ : 法人

新・先憂後楽 を開設しました!

 これまでのブログ、先憂後楽とそうだんやを再編成して新たなブログ「新・先憂後楽」を開設しました。 このブログは50代を主体とした構成とし、第二の仕事、相続・遺言、その他の家庭問題といった3つのブロックに分類してそれぞれの悩みや問題を採り上げる事にしました。 これからも新ブログ、宜しくお願い致します。

おひとり様におススメ 遺贈寄付とは?

おひとり様が亡くなったらその財産は最終的にどうなるの? 最後の最後は国のものになる それで構わないならいいですが、そうではない場合、どういった始末方法があるでしょうか?

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

50才、起業の前に出来る事とすべき事とは?

起業を決めた後、開業前に出来る事とは?またしておくべき事とは? これらの準備如何で、開業後の運営に大きな差となってきます! 自分の仕事である士業を例にとって、具体的な行動事例を紹介しています。

備えてますか!? おひとり様~

おひとり様にとっての終活、相続以外にも葬儀や墓、施設入居の場合の身元保証人、認知症への備えなどいろいろ考えておくべきことが多いのです。 貴方には事後を託せる備え、出来ていますか?

50才からの生き方を考える: 起業・独立のまとめ

50才からの第二の人生、仕事編も今回で最終回です。 ここでは、私の起業を事例として、好きな事、出来る事、そしてやりたい事に至るまでを紹介しました。

体験から語る起業・独立のポイントとは?  その2

起業や独立に欠かせない立ち上げ資金について、公的機関や民間での支援策の主だったものを紹介しました。他には最も重要な起業するための準備について、何時から、何を始めるべきか 会社を離れてからの人間関係の再構築等、最低限意識すべきポイントを紹介しています。

士業での起業

本来独立に適した士業でも就職を希望するケースが少なくありません。士業で起業する前に何故その資格をとるのか?どういう仕事と資格をリンクさせる計画なのか?ここまでを考えて資格取得を目指す事から始めましょう。 そこまで考えないで資格を取得した場合。多くは他人の成功譚に左右されてしまいます。 せっかく独立出来る資格なのですから、就職ではなく起業を目指しませんか?

士業開業のひとつの側面

資格取得して独立開業、最近は弁護士を筆頭に士族は皆食っていけない。 そんな記事を参照に、独立開業についての私の考えを紹介しています。

今、再就職で求められるものとは?

貴方は社外で通用するスキルを持っていますか?持つ努力をしていますか? 今中高年の再就職や転職で求められるもの、会社に付加価値をもたらしてくれるかどうかという企業側の求めに応じられるのは、それに応じられるスキルを持つ事です。

1 2 3 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP