50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 提案

60才で迎える再就職

60歳、定年退職後の仕事の大半が今の会社関係に再雇用というケースでしたが、全く違う業界に再就職を目指す方も存在します、こういう場合に注意しなくてはいけない項目について具体的に紹介していきます。 自分の経歴披露ではなく、自分自身の売りは何か、この売りのポイントは再就職希望先の会社にいかに貢献するかと言った前向きな態度を先方は観ているのです。

リクルート社の情報誌「アントレ」に掲載されました!

リクルート社の情報誌アントレでインタビュー記事が掲載されました。本業の話題でなく、起業に至るまでの経緯を話すことが最近は本業になっているのです。

プロフィール

私がサラリーマンから行政書士に仕事を鞍替えしたきっかけからその経緯までを簡単に紹介し、そもそも行政書士とはどんな業務を行うのかを判り易く書いてます。 そして行政書士の業務からいろいろな相談事(転職・起業から老親、子供、自身に関する諸問題など)を受けるに至り、新たなブログ相談やドットコムを立ち上げることになった経緯を紹介しています。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

50代の起業前活動の大切さ_その2_

起業を前に準備すべき事の第二弾では、誰に、何を、どのように、提供する事で相談者からの信頼と安心感を得る事になるかについて紹介しています。

女性の起業相談が増えています。

最近の女性の起業相談は現役、専業主婦問わず自分で見定めた目標を持っています。 その多くは人の助けになりたい、同じ喜びを分かちたいといった思いが原点で、男性よりも現実を見定めているのです。

50代で考える婦唱夫随?

50代の夫婦に求められるものとは? 現時点のバランスシートは誰が把握している? 専業主婦も働いてみる事で見えてくることとは? 会社人脈以外の交流の大切さ、家事を分担する事で夫婦円満? 今まで顧みてこなかった家庭生活の安定はこれからの人生のスタートには欠かせないポイントなのです。

50代起業は同時に閉業を考えるということ

50代の起業の場合、どういう注意が必要なのか?実際の相談例から見た50代が陥り易い事例紹介と、起業した後に考えるべき幕引きのタイミング、閉業について紹介します。

これからの士業に必要なモノとは?

これからの士業に必要なモノとは? 本業の範囲内で食べていける? 皆が皆同じ事しかしていなければ、後から参入したものは生きていけません! 士業の方向性は専門性を活かした汎用性です。 相談者の期待以上の働きを見せてこそ、貴方の価値が伝わります。

第二の人生の決断に必要なもの

40代以降の転職や独立を目指すとき、やはり誰かに相談したりアドバイスを求めるものです。 ですが、相手の過ごしてきた社会環境や背景を念頭に置きませんと、安定重視の視点からのアドバイスしか得られません。 決断の際に必要なのは、自分の信念、他人の意見、そして責任感です。

1 2 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP