50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 控除

タグ : 控除

相続財産の評価にご注意を!?

いざ相続発生、時間が無いことをいいことに単純な計算で相続税を算定してはいけません。 土地にはいろいろな減額要因があり、株式や投資信託にも評価額の基準が決められています。単純な計算で払わなくてもいい相続税を申告しても、税務署は指摘してはくれません。自分の身は自己責任で自分で守るしなないのです。

 中高年の転職事情に変化の兆し?!

昨年の転職市場はこれまで言われてきた35歳転職の壁が変化し、シニア世代の転職活性化が話題になっています。その背景には経験とスキルのある管理職需要の増加だそうです。転職市場の一層の活性化が望まれますが、そこに立ちはだかる社会制度の問題もあるのです。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

相続税の相談から ~税務調査のポイント

相続税の申告をする場合に気をつけなければいけない10項目とは?この点を税務調査でチェックされます。 ここさえしっかり備えておけば、申告漏れを指摘されることはありません!

相続税 改正 ~路線価と相続税

これまで相続税とは無縁だった不動産、今回の改正でも大丈夫ですか?さらに、路線価の反転上昇も近いと言われています。 不動産の価値が上がるという事は、税金も上がります。 今のうちに自宅の価値を調べておきましょう!

贈与・相続 その違いとは?

相続と贈与の違い、税率が違う点以外の相違点を 簡単にまとめました。 案外知られていない相違点をチェックして下さい!

相続税計算 ~加算と控除とは?

相続税の計算はいろいろ複雑な仕組みになっています。 加算する項目もあれば控除する項目もあるのです。 考え方だけでも、よく把握しておきましょう。

サラリーマンの節税 ~脱税との境界線に注意!

節税と脱税の境界線はどこにあるのか? サラリーマンの場合、限られた節税方法しかありませんが 間違っても脱税ととられ兼ねない方法には手を出さないように! ここでは、節税策として公認されている方法についても説明しています。

相続税申告 ~還付請求とは?

知識不足で払ってしまった相続税、各種の減免措置を使っていれば納付しなくてもよかったのに! このような場合、救済措置はあるのです。但し、これも自己申告が条件ですが。 この相続税の還付請求について書きました。

資産調査 ~預貯金 その他

不動産以外の財産には預貯金、有価証券、また借金も相続財産です。他にも貴金属や骨董品、自動車など等、相続財産に該当するもの、その評価額とは? 

1 2 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP