50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 息子

「6030 → 8050」 問題とは?

6030問題、8050問題 4ケタの数字は何を示すかと言えば、60の親が抱える30の子の問題であり、50の子が心配する80の老親の問題でしたが、ここに来て新たな8050問題として挫折した50の子を抱える80の親世代の問題が目立っているのです。

業務における「忖度」とは?

TPOをわきまえた挨拶や連絡、いわゆる忖度について、私の業務上でも欠かせない忖度の事例を紹介しています。 実際の業務上で忖度して成功した、失敗したことを中心に書いたものです。

プロフィール

私がサラリーマンから行政書士に仕事を鞍替えしたきっかけからその経緯までを簡単に紹介し、そもそも行政書士とはどんな業務を行うのかを判り易く書いてます。 そして行政書士の業務からいろいろな相談事(転職・起業から老親、子供、自身に関する諸問題など)を受けるに至り、新たなブログ相談やドットコムを立ち上げることになった経緯を紹介しています。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

第二の人生を迎える50代が絶対に考えておかなければいけないこととは?

50代の立ち位置は子供でもあり、親でもあります。自分達を含めて3世代の将来を担う世代になるのです。その中で子として何をすべきか、親として何をすべきか? さらに50代の子を持つ親は何をすべきなのか? 2つの側面から相互の課題を解説しました。

生前贈与の落とし穴 ~親子間での土地の借用

親の土地を子が無償で使用する場合、どういった問題が生じるか? 賃貸借契約で相続税評価額を抑えるほうが後々には節税にも? 格安での不動産の売却も差額が贈与と扱われる恐れも。 堂々と相続税を納めたほうが節税になる場合もあるのです。

50代が直面する問題に新たな伏兵?!

最近の20代30代に目立つおひとり様志向、生活資金の心配だけでなく、自分の時間をより優先する傾向は拡大の一途です。 50代の子供はまさにこの世代に該当しますが、貴方のところは大丈夫でしょうか?

ハローワークの効率的な活用法とは?

ハローワークで把握できる情報にはどういうものがあるのか? なぜ実際に出向いていかなくては本当の情報が入手できないのか? 以前にも紹介しましたが、効率的なハロワの活用法で貴重な時間と労力を有効に使っていけるのです!

相続税対策としての生命保険の活用とは?

生命保険を活用すれば、葬儀費用の工面に悩むこともなく、さらには相続税の節税にも効果があります。 これからは生命保険の活用次第で十分な備えが出来る事、ご存知でしたか?

名義変更・自分たちで用意するものとは?

今回は自分たちで用意するもの、しなくてはいけないものについて紹介します。 委任状と贈与契約書です。 いざというときの前に、知っておいて損はない事です。

1 2 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP