50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 対策

タグ : 対策

おひとり様の自宅相続 ~家なき子の特例とは?

小規模宅地の特例について解説すると共におひとり様で家なき子の場合の自宅相続について紹介します。

「イエの後始末」を考える時に親子で共有すべき情報とは?

実家を相続する場合、させる場合、お互いが情報を共有しておくべき5項目の情報とは何か? その内容と理由について簡単に紹介しています。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

自分で自分を値踏みすると?

貴方自身の価値はどのくらいですか? 会社という看板や役職を除いた貴方自身の「売り」は、果たして第三者にはどのように映っているか? 自己評価と第三者からの評価にギャップはありませんか?

50才、独立・開業後の効果的な宣伝方法は?

士業で開業後、宣伝効果の期待出来る手立てとして,SNSはどうなのか? その費用対効果を検討してみました。 また士業にとってのセミナー開催の重要性を具体的なポイントを明示して紹介しています。

想定外を想定しよう

第二の人生を考える時に、自分の万が一だけでなく、配偶者に万が一の場合まで考えておきましょう。 遺された家族への備えはかなり認知が進んでいますが、自分が遺された場合の備えはまだまだ不十分な認識なのです!

非課税贈与制度 ~子を持つ親として注意すべきこととは?

4月から始まった結婚出産子育て資金贈与非課税、既に始まっている教育資金一括贈与と合わせて、生前贈与の促進はここにきて活性化していますが、あくまでも結婚や子のいる家庭が対象です。 子のない夫婦やおひとり様の兄弟がいた場合、後々の禍根になる恐れがある事、気付いていましたか?

50代にとっての「家」とは?

最近増加の空き家になった実家問題は50代世代には直近の問題です。 今年から施行される特別措置法では場合によっては家があっても固定資産税の軽減が撤廃される事も! 今のうちに親子で考えるべき「マイナス財産」と化す恐れのある実家問題を紹介しました。

第二の人生の決断に必要なもの

40代以降の転職や独立を目指すとき、やはり誰かに相談したりアドバイスを求めるものです。 ですが、相手の過ごしてきた社会環境や背景を念頭に置きませんと、安定重視の視点からのアドバイスしか得られません。 決断の際に必要なのは、自分の信念、他人の意見、そして責任感です。

50代の自分片付け ~こんな質問が来ました

50代の自分片付けに関していろいろ問い合わせを頂きました、その中から主な質問について私の考えを紹介しました。 しない理由より、する意志を持つ事が すべてのスタートなのです。

1 2 3 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP