50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 実力

 中高年の転職事情に変化の兆し?!

昨年の転職市場はこれまで言われてきた35歳転職の壁が変化し、シニア世代の転職活性化が話題になっています。その背景には経験とスキルのある管理職需要の増加だそうです。転職市場の一層の活性化が望まれますが、そこに立ちはだかる社会制度の問題もあるのです。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

 起業・転職をも左右する「好感度」について考える

他人に自分がどう映っているか?自分では意識しない中に好感度は潜んでいます。当たり前と思ってやっている事が、大きなプラスにもなり、自分では気づいていない行動で大きなイメージダウンを招いている事もあるのです。

面談して判ること

職務上いろいろ面談をしているとこれはと思う体験をします。 時間を守らない方、自画自賛過剰な方、考えが固まっていない方、考えていない方など等、一度は自分自身の棚卸と現状の直視をしてから、改めて第二の人生を検討するようにしたいものです。

最近の転職市場環境に変化が?!

最近は景気拡大もあって企業が新規参入や業務拡大に即対応可能な40代以上の転職に積極的なようです。 また新興企業の人事経理系も会社の成長に組織が追いつかず、ベテランの中途採用も活発です。 転職が35才上限と言われた時代から大きく変わり始めて来たようです。

50代の意識調査を見て 

50代の仕事に関する意識調査と言う記事を見て、感じたことをまとめました。 50代になって増加傾向にある転職希望者にとって、客観的な仕事の捉え方や自身の社内での立ち位置などを客観的に見つめ直す必要が高まってきたのです。

創造力と仕事との関係とは?

独立して成功を掴むには、何が必要でしょう?信じたこの道を、あきらめずに続けてきたから、ではないのです。続けなくてはいけない事は成功するためのあらゆる努力なのです。

50才からの第二の人生を、どう考えますか?

コラムで紹介した諺は、50才からの第二の人生をどう考えているか?にも当てはまります。 他力本願や外部依存の場合は、愚痴や言い訳の結末必至です。 一生懸命、徹底する事の必要性と重要性について、改めて紹介しました。

転職活動を成功に導く方法とは?

転職活動を効果的に進めるためにはどういう方法があるのか?ここではまず心構えから、具体的な行動例、情報収集の方法や種類などを紹介すると共に、管理職が陥りやすい勘違いについて紹介しました。

最近の転職事情とは?(その2)

転職を決める前に、考えておくべきことを紹介します。 好きな事と、出来る事の区分けは出来ていますか? 貴方自身の「売り」を見極めていますか? 年収減の覚悟、その為の蓄えは充分なものですか? 転職活動の前に、備えておくべき事につて紹介しました。

1 2 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP