50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 外出

タグ : 外出

おひとり様はどう自分の死と向かい合うべきか?

今や人生80年、90年時代、その中で高齢化社会に伴う様々な課題が出てきていますが、中でもおひとり様の高齢者の増加は新たな問題を出現させています。 周囲に迷惑をかけたくない、その一点に絞っていけばおひとり様が向かい合うべきものが見えてきます。

おひとり様シニアに向いている終の棲家は?

長年暮らしてきたマイホーム、最近郊外の住まいから都心のマンション、それもアクセスのいい駅近くのマンションへの移住が目立っています。 シニアならでは、おひとり様ならではの問題解消に繋がるこの傾向について紹介します。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

避けたいのは「孤独死」 それとも「放置死」?

死ぬ時に避けたいのは孤独死ではなく、誰からも看取られない死であり、誰にも気づかれない死です。元気な方ほど、自由な行動をする為にリスクが高く、介護を要する方は却って看取られているという皮肉な現実。 避けたいのは社会的な孤立から来る放置された死です。

50代で考える婦唱夫随?

50代の夫婦に求められるものとは? 現時点のバランスシートは誰が把握している? 専業主婦も働いてみる事で見えてくることとは? 会社人脈以外の交流の大切さ、家事を分担する事で夫婦円満? 今まで顧みてこなかった家庭生活の安定はこれからの人生のスタートには欠かせないポイントなのです。

 モノの見方は人それぞれ ~起業に適した見方とは?

世間が見ている見方が必ずしも正しい訳ではありません。 多くの場合、皆がそうだからと自らで考える事もしないままに大勢に従っている事がいかに多い事か? 起業を目指す場合には、そんな見方のままではどうなるでしょう?

50代が直面する問題に新たな伏兵?!

最近の20代30代に目立つおひとり様志向、生活資金の心配だけでなく、自分の時間をより優先する傾向は拡大の一途です。 50代の子供はまさにこの世代に該当しますが、貴方のところは大丈夫でしょうか?

50代おひとり様が暮らすなら ~同輩よ、街に出よう!?

気ままな50代おひとり様、今後の事も考えて、どこに暮らすのがベターなのかを考えました。 地域デビューをし易い街、安心・安全を与えてくれる街とは?

法務局に登記事項証明書の申請に行きました。

法務局に登記事項証明書の申請に行きました。 不動産の所有権移転手続き、実際にやってみると分からない事、判断に迷う事が山積みです。 まずは登記事項の証明手続きについて紹介しました。

高齢一人暮らし

男性の未婚率上昇は将来のおひとり様の高齢化、そして引きこもりの予備軍の恐れがあります。 社会と接触を持つことで心身の健康にもつながる、そのメリットについてお話しします。

1 2 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP