50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 国税

相続財産の構成に変化が!?

最近の傾向として相続財産に占める現預金の構成比は急伸中だそうです。これまで相続財産と言えば土地だった時代から何か変わったのか? その背景について紹介していきます。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

生前贈与の落とし穴 ~相続税の基礎控除額の計算に加算するのは?

相続発生! この時点では相続財産は基礎控除の枠内でも、3年前までにうけた生前贈与があればその額は相続税に加算されます。その結果、基礎控除額をオーバーすることもあるのです。 相続財産計算の落とし穴に気を付けましょう!

マイナンバーの導入で相続税の申告漏れは根絶?

これまで相続税の申告では多くの申告漏れが指摘されていましたが、マイナンバーの導入により、各種の情報が一元管理されることで「正確な税の徴収」が可能になるのです。 将来預貯金の口座へ紐付けされれば入出金の移動はガラス張りになり、生前贈与の動きも把握されます! 下手な節税対策は却って税務署から目を付けられるだけですね。

路線価の計算方法

最大の相続財産のひとつである土地の評価は路線価で行われます。 実際に自分の土地を調べたことはおありですか? 相続する側もされる側も、一度は自分の土地の今の評価額を知っておきましょう。

土地評価額 ~4種類ある土地の価格とは?

土地の相続の場合、評価基準となる価格とは? 土地には4種類の価格が設定されています。 それぞれの意味と違いを紹介しました。

相続税 改正 ~路線価と相続税

これまで相続税とは無縁だった不動産、今回の改正でも大丈夫ですか?さらに、路線価の反転上昇も近いと言われています。 不動産の価値が上がるという事は、税金も上がります。 今のうちに自宅の価値を調べておきましょう!

サラリーマンの節税 ~脱税との境界線に注意!

節税と脱税の境界線はどこにあるのか? サラリーマンの場合、限られた節税方法しかありませんが 間違っても脱税ととられ兼ねない方法には手を出さないように! ここでは、節税策として公認されている方法についても説明しています。

サラリーマンの副業問題とは?

サラリーマンの副業は実際のところ、どこまで容認されている? どのくらいが既に副業を始めているか? 今や、切実な生計費の補てんの為の副業の実態とは?

税金の種類 ~土地建物の取得・保有・売却時にかかる税金とは?

取得時、保有時、売却時のすべてに課税される不動産。 いったいどういう名目の税金があるのでしょうか? 今回は、税金の種類について紹介しました。

マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP