50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 嗜好

タグ : 嗜好

おひとり様が迎える孤独死を考える

おひとり様は孤独死予備軍? そもそもおひとり様にもパターンがあり、孤独死の考えも捉え方によって変わるものなのです。 ここではこの点についての解釈と、真に避けるべきは孤独ではなく孤立であることを事例を挙げて紹介していきます。

自宅の片付けは早期に計画的に!!

意外に多くのモノが溢れている自宅の片付け、安易に取り組もうとすれば早々に挫折し、いつまでも中途半端な状態が続きます。 どこに何があるかを把握して、計画的に、継続的に片付けることの大切さを紹介しています。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

 本当に難しい人物の評価 ~自己評価と他人評価の格差

自己分析に拠る長所が他人から見た時にも長所と映っているケース、案外少ないのです。 自分ではプラス評価の行動が、周囲からは迷惑行為にしか映っていないとなると、転職でも起業でも大きな不安要因になります。 一度は冷静な他人の評価を聴く事が大切です。

無料サービスと有料サービスの違いとは?

情報はタダで手に入る、ですが有益な情報には対価が発生するという事、意外に意識されていません。 今欲しい情報がその場で入手できることに価値を見出すこと、十分な理解が得られていないのが現状です。

首都圏で進む高齢人口の急増について

首都圏においても高齢化傾向はこれから急伸、その中で新たな商機や経済発展の可能性が生まれてきます。 これからの仕事を考えるなら、この高齢者世代の消費性向を十分検討する事が必要になってきます。

最新人口調査から見えてくるものとは?

最新の人口調査によると大半の道府県で人口減少が進んでいます。 そんな中、人口増加のトップである東京都もその内実を見ると、転入者と外国人の増加に負うところが大でした。 この傾向の中、今から起業を考える場合には、人口動向による市場の選定も重要な課題になるのではないでしょうか?

おひとり様高齢者の食生活から見えてくる事とは?

65歳以上のおひとり様の食生活は今やコンビニ依存が主流です。 その理由は、おひとり様需要にマッチした商品展開です。 これから飲食業界で起業を考える貴方に必須の情報を紹介しています。

商売の着眼点が成功の鍵とは? ~今の常識に囚われていませんか?

成功する商売には既存の発想や概念を離れた着眼点を持てたかどうかにかかってきます。飲食を事例に、今の流行について紹介しました。

シニア世代が握る経済活性化の要件とは?

今や日本経済の成長は65歳以上の消費活動にかかっています。 量や安さでなく、質や価値を重視する新しい消費者にどう応えるかが起業の盛衰に係るのです。

1 2 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP