50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 喫茶店

定年世代が目指すべき「おひとり様」の在り方とは!?

 定年世代に見られ始めた「締念」という傾向、多くは「お独りさま」のタイプの人が持つようです。同じおひとりでも大きく違う「お一人」と「お独り」の特徴の紹介を始め、定年後の新しい環境で気を付けるべき案件についても紹介しています。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

独立したら習慣にしたい事、まずは2つ

士業を例にして、開業後も常に意識する事、習慣にすべき事2つについて紹介しています。ネット検索ページで上位を維持するためには適当なターゲット層を絞り込んでいるか?その層に響く様なワードを意識したタイトルや記事内容かを常に意識する事。 なぜ繁盛しているか、多角的な方向から検討する事を習慣にする事です。

起業することが夢? その後が大切で、大変なんです。

起業前に決めておくこと、なぜ起業するのか?を突き詰めることも大切ですが、夢叶い、起業したとしても、それでゴールではありませんね。 そこから新たなスタートになるという事、夢を維持するには常に現状を刷新するだけの努力を伴うこと、起業は決意するまでも大変ですが、起業してからが本当の苦労のスタートなのです!

50代、まずは心身の健康あってこその・・・

50代でここに書いたような傾向がある場合、要注意です。 何をするにも、心身の健康があってのことですから、ここに挙げたチェックポイントに該当するかどうか、調べて下さい。

安易な決断が招く事

介護事業者の破たんが急増しているとの事、過去においてもいっときは隆盛を誇った産業が今は没落という事例は枚挙に暇がありません。 今から起業・独立を考える場合にこういった轍を踏まない為にはどうすればいいのでしょうか?

起業・独立相談を始めて思う事

起業相談に来る中で先に結論ありき、何も決めないままの相談という両極端な例が見られます。起業を考える際に何を抑えておくべきか? 私の考える基礎の基礎を紹介しています。

 私が30才目前に下した決断とは?

今回は私自身の軌跡を紹介しています。 なぜ、やりがいある20代半ばの時に資格取得を決断したのか?漠然とした不安とは? なぜ集中できたのか?など等、独立を果たした今だから見えてきた成功の要因を欠きました。

景気回復の基調の中で ~シニア世代の存在感

確実に景気回復に向かう日本経済、ベアの復活や消費額のアップ等、 でもやはり暫くはシニア世代の購買力が大きな存在なのです!

高齢者向けビジネス~ シニアシフトで市場拡大とは?

団塊世代が65歳以上に突入する2012年からビジネスチャンスはこの世代を取り込むことに中心が移ってきています。身近にある業種を例に、これから起業を考える場合の大きなヒントを紹介していきます。

1 2 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP