50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • 固定ページ
  • 受贈者

タグ : 受贈者

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

生前贈与の落とし穴 ~子や孫への住宅資金

子や孫への住宅資金贈与非課税制度はお互いにとってメリットある使い方が出来ますが、注意すべき点が2つあります。 申告期限の問題と、入居時期の制限です。

登記申請に関するQ&A

これまで紹介してきた中からお問い合わせを受けた項目についてお答えします。 すべて不動産の地目に関する問い合わせでした。

法務局の窓口で聞いた話

実際に申請で窓口に出向いた時に判明した思わぬ事実とは? HPで書かれてあっても現場ではそのままが通用するとは限りません。 体験的注意点を紹介します。

不動産登記手続きのまとめ

 11月も早くも1週間が経とうとしています。 あと2ヶ月弱で新しい年を迎えるとは思えませんね。 つい先日まで猛暑日に辟易としていたと思ったら 秋をとばして早や冬? そんな感じです。 お元気ですか? 50歳からの第二の人生 …

名義変更・自分たちで用意するものとは?

今回は自分たちで用意するもの、しなくてはいけないものについて紹介します。 委任状と贈与契約書です。 いざというときの前に、知っておいて損はない事です。

名義変更・必要書類について ~役所で交付してもらうもの

役場で入手する書類は印鑑証明書、住民票の写し、そして 固定資産の評価証明書です。 それぞれの内容について、実務的な視点から説明します。

贈与について ~贈与契約書とは?

贈与を確実に証明するものに贈与契約書があります。 具体的にどう書けばいいのか? 私の事例を紹介します。

相続と節税対策 ~生前贈与の節税メリットと注意点とは?

生前贈与によってどういう節税効果があるのでしょうか? 但し、その為に気をつけなくてはいけない注意点もあるのです。

非課税 贈与 ~2つの方式とは?

相続税の節税の選択肢に贈与があります。 暦年制度と精算制度について、それぞれのメリット、デメリットとは? 早いうちの手立てが相続税の軽減に繋がります。

マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP