50歳からの第二の人生を送るヒントを発信するブログ「先憂後楽」
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 医療

タグ : 医療

おひとり様が迎える孤独死を考える

おひとり様は孤独死予備軍? そもそもおひとり様にもパターンがあり、孤独死の考えも捉え方によって変わるものなのです。 ここではこの点についての解釈と、真に避けるべきは孤独ではなく孤立であることを事例を挙げて紹介していきます。

おひとり様シニアに向いている終の棲家は?

長年暮らしてきたマイホーム、最近郊外の住まいから都心のマンション、それもアクセスのいい駅近くのマンションへの移住が目立っています。 シニアならでは、おひとり様ならではの問題解消に繋がるこの傾向について紹介します。

准高齢者 提唱の意味は?

最近提唱された准高齢者という定義が意味するものは? 労働力として現役復帰を促す? 現役扱いで年金支給時期を遅らせる? いろいろな見方が出来るのです。

手間をかけないために、手間をかける

小さな手間を惜しんで問題を後回しにしていくと、最後には膨大な手間を掛けなくてはならなくなります。 日常のことでも、仕事の面でも、そして終活の場合でも共通して言えるのです。 

トップ

50歳からの第二の人生応援ブログ「先憂後楽」は、行政書士・寺田淳が運営しているブログです。50歳からの第二の人生を送るヒントとなるような有益な情報を発信するブログです。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

40代以下が、今考える危機とは?

今や40代から考えるライフプラン。 少子高齢化がこのまま進むと、今の40歳以下は現状では不景気の中で暮らし、老後は年金、医療費といった社会保障も期待出来なくなります!

40代の直面する現実とは?

40代、会社でも社会でも屋台骨を支える世代ですが、多くの問題を抱え、悩みに頭を抱えていました。 中でも住宅ローンと教育費負担に悩むケースが多く、そこに親の介護や自身のりすとらが絡むケースも少なくないのです。 今40代が考えるべきこととは何か?

老後の貧困

高齢世代になっての貧困問題は子どもの生活も一変させる問題です。とともに、安易な生活設計に甘んじて定年を迎えた子供世代になけなしの年金を渡し、貧困に陥る親世代も。 定年前の貴方は、これからの生活設計、どこまで考えていますか?

ここでも節目の50代?

50代ともなると体に変調は出てきます。独立を目指すなら、まずは今の自分の体調を正確に把握しましょう。 独立後に頼れるのは貴方ひとりだけですから。

シニア就業、大きく変わったその実態とは?

65才以上の就業率が年々上昇傾向に、しかも再度の宮仕えでの就業が大半という最近の傾向を国側、企業側、シニア世代側、それぞれの立ち位置から推測してみました。

1 2 3 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP