50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 公開

新・先憂後楽 を開設しました!

 これまでのブログ、先憂後楽とそうだんやを再編成して新たなブログ「新・先憂後楽」を開設しました。 このブログは50代を主体とした構成とし、第二の仕事、相続・遺言、その他の家庭問題といった3つのブロックに分類してそれぞれの悩みや問題を採り上げる事にしました。 これからも新ブログ、宜しくお願い致します。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

50才、独立・開業後の効果的な宣伝方法は?

士業で開業後、宣伝効果の期待出来る手立てとして,SNSはどうなのか? その費用対効果を検討してみました。 また士業にとってのセミナー開催の重要性を具体的なポイントを明示して紹介しています。

これからの士業に必要なモノとは?

これからの士業に必要なモノとは? 本業の範囲内で食べていける? 皆が皆同じ事しかしていなければ、後から参入したものは生きていけません! 士業の方向性は専門性を活かした汎用性です。 相談者の期待以上の働きを見せてこそ、貴方の価値が伝わります。

ネット上の終活2 ~主なプロバイダの対応は?

ネット上に存在する貴方の情報、契約した各種サービスを貴方の死後、どうやって解約、承継していくか?各種サービスやプロバイダの対応について知っておくことも大切なもうひとつの「終活」です。

ビジネスの着眼点とは? ~私の経験から

今の常識も過去では非常識。 ビジネスシーンでは当たり前の事ですね。 起業を考えるときに、過去の成功事例をなぞろうとしてませんか? 独立の際には特に着眼点が重要な意味を持ちます。 独りよがりでは成功はおぼつきませんよ。

資格の持つ意味を考える

資格の持つ意味とは何でしょう。 最近のニュースでは非正規社員向けの業務に精通している事を資格認定する事でスキルアップやモラルアップに繋げようと政府が後援するとありました。 一方の士業のようなまず取得ありきの資格もあります。 その違いは何なのか、根っこは同じ? 資格の持つ意味を考えました。

意外に見落とす自分の強み ~最近の体験から

自分の事を第三者に正確に伝える事は意外に難しい事です。 特技も裏付けが無ければ、意味は通じないと思って下さい。 難しい表現から誰もが分かる平易な表現が出来る事がハイレベルなのです。 そして自分の強みは自分自身が忘れている事に潜んでいる場合があるのです。

ハローワークの効率的な活用法とは?

ハローワークで把握できる情報にはどういうものがあるのか? なぜ実際に出向いていかなくては本当の情報が入手できないのか? 以前にも紹介しましたが、効率的なハロワの活用法で貴重な時間と労力を有効に使っていけるのです!

路線価の計算方法

最大の相続財産のひとつである土地の評価は路線価で行われます。 実際に自分の土地を調べたことはおありですか? 相続する側もされる側も、一度は自分の土地の今の評価額を知っておきましょう。

1 2 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP