50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 公的資格

60才で迎える再就職

60歳、定年退職後の仕事の大半が今の会社関係に再雇用というケースでしたが、全く違う業界に再就職を目指す方も存在します、こういう場合に注意しなくてはいけない項目について具体的に紹介していきます。 自分の経歴披露ではなく、自分自身の売りは何か、この売りのポイントは再就職希望先の会社にいかに貢献するかと言った前向きな態度を先方は観ているのです。

事前の根回しが成否を分ける遺産分割協議?!

遺産相続の手続きの一つである遺産分割協議について、ポイントは実は開催前の下準備、根回しの成否如何です。 誰が旗振り役を担うのか? 開催場所をどこにするか? 限られた期限内で全員が都合のいいスケジュールの調整から協議内容の優先順位の決定や書記役の任命等など 事前に片付けるべき課題は意外に多いのです。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

起業することが夢? その後が大切で、大変なんです。

起業前に決めておくこと、なぜ起業するのか?を突き詰めることも大切ですが、夢叶い、起業したとしても、それでゴールではありませんね。 そこから新たなスタートになるという事、夢を維持するには常に現状を刷新するだけの努力を伴うこと、起業は決意するまでも大変ですが、起業してからが本当の苦労のスタートなのです!

仕事のアンチエイジング

30代から40才前後のサラリーマンの場合、仕事に慣れ過ぎてマンネリ化、意欲の低下に陥っていませんか? 気が付けば同じ仕事、同じメンバーで同じ話題を繰り返す毎日では? そうならない為に、7つのチェックポイントを紹介します。

起業・独立相談を始めて思う事

起業相談に来る中で先に結論ありき、何も決めないままの相談という両極端な例が見られます。起業を考える際に何を抑えておくべきか? 私の考える基礎の基礎を紹介しています。

資格の持つ意味を考える

資格の持つ意味とは何でしょう。 最近のニュースでは非正規社員向けの業務に精通している事を資格認定する事でスキルアップやモラルアップに繋げようと政府が後援するとありました。 一方の士業のようなまず取得ありきの資格もあります。 その違いは何なのか、根っこは同じ? 資格の持つ意味を考えました。

後悔する事とは? ~しなかった後悔としてしまった後悔

しなかった後悔としてしまった後悔、今の貴方にはまだ時間があります。 時間の作り方さえ分かれば、正面から第二の人生について考えるに障害はなくなります。

独立起業 ~資格起業とは?

資格を取得して独立、起業。 資格は単なるスタートラインです。ここからの営業努力は他の起業と同じかそれ以上を要します。営業力での差別化をいかに図ることが出来るか?どれくらい計画的に取得までの学習時間を組み立てられるか? 資格だけで通じるほど甘くはありません!

人生設計 ~どのような第二の人生を迎えますか?

定年まで会社に留まるならばその間に何を準備しますか? 早期に退職するならば、再就職ですか、独立ですか? 定年後に、どういう生活設計がありますか? 60歳からの人生の為に今、なにをすべきか、60歳以降に何をすべきかを説明しています。

マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP