50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 任意後見

認知症への対応に3つの選択

認知症に備えるには? そもそも認知症になるとどういう制約が生じるのでしょう? そこで現在有力な対策と言われる家族信託、任意後見、死後事務委任契約、さらに遺言書の効力などについて簡単にまとめました。

家族信託と任意後見

親が認知症になる前に、予防法務として任意後見と家族信託が話題になっています。 自分の家庭にはどちらのサービスが優れているか? その違いは何か? 基本的な違いについて簡単に紹介していきます。

任意後見制度支援信託

任意後見制度の補完的役割を果たすものとして最近注目の、任意後見制度支援信託について、簡単に紹介しています。 あくまでも被後見人の財産管理と将来にわたる生活の安定と安心を図るものとして、今後ますます注目されるものでしょう。

セミナー実績

このサイトではこれまで開催してきたセミナーを紹介していきます。 後見制度関係、改葬関係、空き家問題、生前整理など、50代が直面する課題を中心に開催したセミナーを時系列に紹介しました。

メディア掲載

過去に受けたテレビ取材、新聞・雑誌インタビュー、対談などメディアに取り上げられた記事をまとめて紹介していきます。 時系列に紹介し、これからも随時更新していく予定です。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

おひとり様の死亡届は誰が出す?  ~セミナー開催のお知らせ

おひとり様が亡くなった場合の死亡届、場合によっては誰も届を出せない事もあるのです。 いくら親しい間柄でもご近所さんは出せない、なのに顔も知らない親族なら出せる? この逆にマイナンバーでの手続きでは親族でも出来ないケースが有る等、実務面での落とし穴を簡単に紹介しました。

50代が今からでも備えるべき事とは?

今50代の貴方が介護保険の適用を受ける65才までに、どういう備えが必要なのか? 貯金、今の家計の収支、信頼出来る人物の有無、後事を託せるような後輩、さらには認知症への備えから万が一の場合のエンディングノートや成年後見制度等、いろいろと考えておくべき事は山積みなのです。

1 2 3 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP