50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • 固定ページ
  • 人材銀行

タグ : 人材銀行

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

まず始めに確認します。 貴方には何が重要なのか?

仕事を探す場合に必要な事前の準備、心構えは言葉や文字に現れます。 自信のなさやいい加減な根拠もです。 さらに、貴方が重視するのは社か職か? この見極めをしないままの就職活動は時間の浪費に終わるケースがほとんどです。 最初に始める事は、自身の立ち位置の確認です。

第二の人生に共通する戒めとは? ~相続と仕事選び

相続も定年退職も必ず起こる事ですが、多くの場合なかなか事前に準備が出来ていない。 その理由を探ってみると、お互いの問題には共通項がありました。 時間の定めのない準備のむずかしさと、その大切さについてです。

今、再就職で求められるものとは?

貴方は社外で通用するスキルを持っていますか?持つ努力をしていますか? 今中高年の再就職や転職で求められるもの、会社に付加価値をもたらしてくれるかどうかという企業側の求めに応じられるのは、それに応じられるスキルを持つ事です。

ハローワークの効率的な活用法とは?

ハローワークで把握できる情報にはどういうものがあるのか? なぜ実際に出向いていかなくては本当の情報が入手できないのか? 以前にも紹介しましたが、効率的なハロワの活用法で貴重な時間と労力を有効に使っていけるのです!

55歳は高齢者?

50代の再就職は高齢者扱い?この実態を貴方はご存知ですか? ハローワークから人材バンク、シルバー人材センターに加えて就業支援センターなどへの聞き取りから分かった50代の再就職市場での立ち位置とは?

生活費の内訳 ~見直ししてますか?

独立でも転職でも、今の生活レベルをどこまで抑える事が出来るのか? 今の固定費や生活費を正しく把握出来ていますか? 減らせる出費を見極める事が、第二の人生を歩む時の最初の一歩なのです。

55歳からの求人

今55歳の求人はどのようなものになっているでしょう? 今回は公営の職業紹介所からの求人情報を調べてみました。 事務職や営業職の貴方を意識した求人調査です。

50歳からの再就職・転職事情

50歳の求人は現在どのようなものでしょう? まずは現実を把握する事が必要です、実際に調べた結果は かなりシビアな内容でした。

50歳からの  ~新たな道を考えてみる  パート1

50歳になったら考えるべきこととは?これから定年までの10年間をどう生きていくのが正解なのか?自分自身を分析し、どういう選択をすべきなのか?決して甘くないシニア世代の人生についてまとめてみました。

1 2 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP