50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 予測

タグ : 予測

もしもの時、おひとり様の面倒は誰が看る?

今は気ままな独身生活を謳歌している50代も、将来自身に何かあった場合、自分の面倒は誰に看てもらいますか? 問題を先送りにするのではなく、現実を見て、何らかの行動を起こしませんと将来どう言う事態に直面するかを紹介し、その対策としての事例を紹介ししています。

自営業に就いてみて

士業も一つの自営業、資格があるからと言って安定収入の資格ではありません。 自営業と勤め人、どこが違い、どこにメリット・デメリットがあるのか? 自営業になって5年が過ぎた今、改めて考えてみました。

改葬 ~最近の傾向とは?

最近の改葬に関する話題をまとめて取り上げてみました。一人っ子の増加や、おひとり様の増加が招く将来の無縁墓の急増の問題や、都会から都会への新たな改葬の発生等の現象についてや、改葬の基礎的な知識のおさらいを兼ねて紹介していきます。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

40代以下が、今考える危機とは?

今や40代から考えるライフプラン。 少子高齢化がこのまま進むと、今の40歳以下は現状では不景気の中で暮らし、老後は年金、医療費といった社会保障も期待出来なくなります!

首都圏で進む高齢人口の急増について

首都圏においても高齢化傾向はこれから急伸、その中で新たな商機や経済発展の可能性が生まれてきます。 これからの仕事を考えるなら、この高齢者世代の消費性向を十分検討する事が必要になってきます。

定年後の生活費について

今や高齢者の1/4は貧困層という現実、貴方も65才以上のマネープランが十分な備えになっていなければ、仲間入りも確実です。 予想年金支給額と、定年後の仕事により収入、想定すべき出費とは? 極めて深刻な問題です。 50才からでは間に合わない問題になってきたのです!

体験から語る起業・独立のポイントとは?  その2

起業や独立に欠かせない立ち上げ資金について、公的機関や民間での支援策の主だったものを紹介しました。他には最も重要な起業するための準備について、何時から、何を始めるべきか 会社を離れてからの人間関係の再構築等、最低限意識すべきポイントを紹介しています。

孤立するおひとり様高齢者

今後20年で高齢化がどのくらい進むのか?なかでも一人暮らしの高齢者の増加は孤独死予備軍として対応を考えなくてはいけません。 一人暮らしと生涯未婚の増加が及ぼす影響について、紹介します。

独立・起業 ~失敗しない為には

独立を考える場合の最重要項目の何で独立するのか? その資金計画は? この2つです。 これについてどういう姿勢で臨むべきかをまとめました。 閃きや楽観論だけでは越えられない現実を直視しましょう!

1 2 3 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP