50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : 中高年

 中高年の転職事情に変化の兆し?!

昨年の転職市場はこれまで言われてきた35歳転職の壁が変化し、シニア世代の転職活性化が話題になっています。その背景には経験とスキルのある管理職需要の増加だそうです。転職市場の一層の活性化が望まれますが、そこに立ちはだかる社会制度の問題もあるのです。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

これからの士業に必要なモノとは?

これからの士業に必要なモノとは? 本業の範囲内で食べていける? 皆が皆同じ事しかしていなければ、後から参入したものは生きていけません! 士業の方向性は専門性を活かした汎用性です。 相談者の期待以上の働きを見せてこそ、貴方の価値が伝わります。

最近の転職市場環境に変化が?!

最近は景気拡大もあって企業が新規参入や業務拡大に即対応可能な40代以上の転職に積極的なようです。 また新興企業の人事経理系も会社の成長に組織が追いつかず、ベテランの中途採用も活発です。 転職が35才上限と言われた時代から大きく変わり始めて来たようです。

まず始めに確認します。 貴方には何が重要なのか?

仕事を探す場合に必要な事前の準備、心構えは言葉や文字に現れます。 自信のなさやいい加減な根拠もです。 さらに、貴方が重視するのは社か職か? この見極めをしないままの就職活動は時間の浪費に終わるケースがほとんどです。 最初に始める事は、自身の立ち位置の確認です。

創造力と仕事との関係とは?

独立して成功を掴むには、何が必要でしょう?信じたこの道を、あきらめずに続けてきたから、ではないのです。続けなくてはいけない事は成功するためのあらゆる努力なのです。

今、再就職で求められるものとは?

貴方は社外で通用するスキルを持っていますか?持つ努力をしていますか? 今中高年の再就職や転職で求められるもの、会社に付加価値をもたらしてくれるかどうかという企業側の求めに応じられるのは、それに応じられるスキルを持つ事です。

中高年フリーターの現実

中高年、35~44歳のフリーターは年々増加傾向にあり、いったん入り込むと脱け出す事はかなり難しいようです。 厳しい現実を実例で紹介しています。 もし再就職を安易に考えてるなら容易にこの世界に入り込んでしまいますよ!

50代の貴方へお尋ねします

50代の貴方へ改めてお尋ねします。 これからの人生、特に定年後の生活について今から考えておきましょう。 80歳まで生きたとして、定年後20年のライフプランは今考えるべき課題なのです!

孤立するおひとり様高齢者

今後20年で高齢化がどのくらい進むのか?なかでも一人暮らしの高齢者の増加は孤独死予備軍として対応を考えなくてはいけません。 一人暮らしと生涯未婚の増加が及ぼす影響について、紹介します。

1 2 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP