50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 一戸建て

タグ : 一戸建て

おひとり様が迎える孤独死を考える

おひとり様は孤独死予備軍? そもそもおひとり様にもパターンがあり、孤独死の考えも捉え方によって変わるものなのです。 ここではこの点についての解釈と、真に避けるべきは孤独ではなく孤立であることを事例を挙げて紹介していきます。

おひとり様シニアに向いている終の棲家は?

長年暮らしてきたマイホーム、最近郊外の住まいから都心のマンション、それもアクセスのいい駅近くのマンションへの移住が目立っています。 シニアならでは、おひとり様ならではの問題解消に繋がるこの傾向について紹介します。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

生前贈与の落とし穴 ~子や孫への住宅資金

子や孫への住宅資金贈与非課税制度はお互いにとってメリットある使い方が出来ますが、注意すべき点が2つあります。 申告期限の問題と、入居時期の制限です。

50代にとっての「家」とは?

最近増加の空き家になった実家問題は50代世代には直近の問題です。 今年から施行される特別措置法では場合によっては家があっても固定資産税の軽減が撤廃される事も! 今のうちに親子で考えるべき「マイナス財産」と化す恐れのある実家問題を紹介しました。

老後の生活困窮問題とは ~50歳から考える事

定年後もローン返済を強いられる。 再就職が出来ないままに退職金が尽きる。 思ってもいなかった会社の倒産などで高齢になってからの生活苦に陥るケースは少なくありません。特に住宅ローンを抱えいると生活保護も適用されません。 今から考えるべき老後破産を防ぐ備えとは?

50才からの第二の人生…その前の40代前後の現実とは?

40歳前後の家庭を持つ方の置かれた現状とは? 50才から何か成すには、非常に心もとない実態です。 今の貴方は、ここに挙げた例は他人事と言えますか?

悪質商法と高齢者 

高齢者を狙う悪質商法は手を変え品を変え現れています。 その中から代表的な例と、私が体験した事例を中心に紹介しました。 これらの商法を防ぐにはどうすればいいでしょう?

家を買う ~いつ? どこで?

家を買う。 消費税増税が目前の今、いつ購入する事が割安になるのか? さらにはどの場所の物件を選ぶべきなのか? 人生最大の買い物であるマイホーム。 この問題について紹介しました。

独居高齢者のマイホーム活用方法とは?

高齢となり手に余るようになってしまった自宅。 さらに独居高齢者になった場合にはリスクが増大します。 そのような場合に活用できる2つの制度について紹介しました。

1 2 »

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP