50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : ハードル

相続財産の構成に変化が!?

最近の傾向として相続財産に占める現預金の構成比は急伸中だそうです。これまで相続財産と言えば土地だった時代から何か変わったのか? その背景について紹介していきます。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

どんな職種で起業するにしても共通する大切な事とは?!

士業、サービス、飲食、小売り、どんな業種であっても共通する起業に欠かせないこととは? 起業後の成長にも大きくかかわってくる重要ポイントでもあります。

50代が直面する問題に新たな伏兵?!

最近の20代30代に目立つおひとり様志向、生活資金の心配だけでなく、自分の時間をより優先する傾向は拡大の一途です。 50代の子供はまさにこの世代に該当しますが、貴方のところは大丈夫でしょうか?

独立して月30万円稼ぐ ~ 意外に高いハードルの30万円!?

今、独立や起業を考えている貴方、その計画で月幾ら稼ぐことになっていますか? 今の時代、最低でも月30万円が必要と言われています、年収360万円です。 でも、余裕を持った生活を目指すなら月50万円なのです。 そこまでを視野に入れた起業プランと言える自信がありますか?

今、再就職で求められるものとは?

貴方は社外で通用するスキルを持っていますか?持つ努力をしていますか? 今中高年の再就職や転職で求められるもの、会社に付加価値をもたらしてくれるかどうかという企業側の求めに応じられるのは、それに応じられるスキルを持つ事です。

名義変更までの手続きとは? ~まずは登記事項証明書の注意点から

登記事項証明書を入手したら次にその中身をチェックしsましょう。 特に地目には注目です。 地目の記載に田畑や保安林とあった場合にはスムースな贈与は事実上不可能なのです!

年金制度 ~50才迄に決めることとは?

年金の支給開始をいつからにするか? 繰上げ、繰下げの場合のメリット、デメリットを紹介すると共に 定年後に再就職するのか、リタイアするのかによっても支給時期を考える必要があります。それを決めるのは50才なのです。

ハローワークの利用法 その2

実際に55歳で条件検索したところの結果を紹介します。 営業職と言っても最近では資格やスキルなしの営業職はほとんどありません。こんな事実を紹介します。

 独立・起業  ~追い風の起業環境と意外な実態とは?

起業につきまとう3つのハードルとは? さらにシニア起業の意外な側面とは? でも、起業を検討することを推奨します。 その理由とは?

1 2 »
マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP