50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ

タグ : アクティブ

60才で迎える再就職

60歳、定年退職後の仕事の大半が今の会社関係に再雇用というケースでしたが、全く違う業界に再就職を目指す方も存在します、こういう場合に注意しなくてはいけない項目について具体的に紹介していきます。 自分の経歴披露ではなく、自分自身の売りは何か、この売りのポイントは再就職希望先の会社にいかに貢献するかと言った前向きな態度を先方は観ているのです。

我々世代が直面する「超高齢社会」

高齢者の区分が前期と後期に分類されて以降、後期高齢者の人口は増加が続いています。このまま進むとどういう事が起こるのか? 75歳以上の高齢者は我々還暦世代以下の世代の親が該当することが多く、まさに我々の生活に直結する問題になるのです。 

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

景気回復の基調の中で ~シニア世代の存在感

確実に景気回復に向かう日本経済、ベアの復活や消費額のアップ等、 でもやはり暫くはシニア世代の購買力が大きな存在なのです!

55歳は高齢者?

50代の再就職は高齢者扱い?この実態を貴方はご存知ですか? ハローワークから人材バンク、シルバー人材センターに加えて就業支援センターなどへの聞き取りから分かった50代の再就職市場での立ち位置とは?

高齢者向けビジネス(続)~ 高齢者の需要はどこに向いている?

60代以上の旺盛な消費活動は具体的にどういう分野で顕著なのでしょう? これまでの20代男女のトレンドが経済を左右する時代から、今や60代以上の消費を促す業種が 経済の中心になるのかもしれません。

高齢者向けのマーケット選定とは?

今後の飲食業や小売業の運命を左右するのは70代以下のシニア層。 まだまだ現役と自負するこの世代を取り込むポイントは何か? 意識させずに、意識することなのです。

マイベストプロ東京で行政書士の寺田淳がコラムの執筆と相談を受け付け中です

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP