50代になって直面する様々な問題を同世代の脱サラ行政書士が一緒になって解決のお手伝いをします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • アクシデント

タグ : アクシデント

おひとり様が迎える孤独死を考える

おひとり様は孤独死予備軍? そもそもおひとり様にもパターンがあり、孤独死の考えも捉え方によって変わるものなのです。 ここではこの点についての解釈と、真に避けるべきは孤独ではなく孤立であることを事例を挙げて紹介していきます。

トップ

「新・先憂後楽」が目指すのは50代になって直面する仕事、家庭に起因する様々な問題を早期解決することで充実の第二の人生を送ること。同じ時代を生きている脱サラ行政書士がそのヒントを発信します。

年齢や性別にかかわらず、人間はいろいろな場面で、 いろいろな問題に直面し、その最適な解決方法に悩みます。

老後の貧困

高齢世代になっての貧困問題は子どもの生活も一変させる問題です。とともに、安易な生活設計に甘んじて定年を迎えた子供世代になけなしの年金を渡し、貧困に陥る親世代も。 定年前の貴方は、これからの生活設計、どこまで考えていますか?

50代起業は同時に閉業を考えるということ

50代の起業の場合、どういう注意が必要なのか?実際の相談例から見た50代が陥り易い事例紹介と、起業した後に考えるべき幕引きのタイミング、閉業について紹介します。

家の整理・家財の整理  ~50代が直面する問題とは?

高齢の親の住まいの後始末、おひとり様であればこれに加えて自分の住まいの始末まで考えておかなくてはいけません。 生前整理の問題は終活の中でもトップ項目になっています。 家の処分の前に、まずは家財の整理について、注意項目を紹介しました。

第二の人生に共通する戒めとは? ~相続と仕事選び

相続も定年退職も必ず起こる事ですが、多くの場合なかなか事前に準備が出来ていない。 その理由を探ってみると、お互いの問題には共通項がありました。 時間の定めのない準備のむずかしさと、その大切さについてです。

50代で迎える相続手続

50才から起業・独立を目指す貴方は親との間で相続や遺言について話し合っていますか? 今回は事例として事前に話し合いをしていなかった場合の様子を紹介します。 前に出るには、足元がしっかりしていなければ、出だしで躓く事があります。

独居高齢者のマイホーム活用方法とは?

高齢となり手に余るようになってしまった自宅。 さらに独居高齢者になった場合にはリスクが増大します。 そのような場合に活用できる2つの制度について紹介しました。

悠々自適 ~早期リタイアの場合の問題とは?

50代で早期リタイアをし悠々自適な生活をする。 その為にはどのような条件をクリアする必要があるでしょうか? 資金から前提条件までを列挙しました。

孤立死からの放置死を防ぐには?

人はひとりで最期を迎えます、孤独に死ぬことはある意味避けられません。問題なのはその事に周囲が気づいてくれないという放置。孤立死の問題にも共通する放置を避けるには?

最近の投稿

Facebook

Twitter

PAGETOP